ムーミンママのハンドバッグ ムーミンママのハンドバッグ
絵: リーナ&サミ・カーラ 文: カタリーナ・ヘイララ レーナ・ヤルヴェンパー 訳: 高橋 絵里香  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
原作の世界から飛び出した、持ち歩けるバッグ形のキュートな絵本。

おっと合点承知之助」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

おっと合点承知之助 作:齋藤 孝
絵:つちだのぶこ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年01月
ISBN:9784593560455
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,331
みんなの声 総数 80
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自然と笑顔がこぼれる

    子供が年中さんだった頃、
    保育園より帰宅すると何か言葉遣いが
    違うようになってきていました。
    頼みごとをすると「おっと合点承知の助!」、
    「おはようごんざえもん」、「その手は桑名の焼き蛤」…。 
    使っている様子を観察すると、ちゃあんと意味が分かって
    これらの言葉を使っている様子。

    訳を聞いてみると保育園の先生が
    この「おっと合点承知の助」を持ってきて
    毎日読んで下さるとのこと。
    子供達は、この本が大好きで、事あるごとに
    読んで読んでとせがんでいたようです。

    そんな様子を知ってか?その冬のお楽しみ会は
    「忍者」になる事になりました。
    (おじいちゃんが実は忍者だったくだりがあるのです。)

    赤忍者、青忍者etcとグループを作り、
    それぞれ与えられたミッションを達成すると
    巻物を最後に貰えます。その巻物に免許皆伝として秘密の合言葉が、
    この本の言葉達。
    合言葉が「し〜らんぺったんゴリラ」そこで観客がドッと爆笑。

    子供たちにとって日頃聞かない面白い言葉に受け取られるようですが、私にとっては消えては淋しいとても懐かしい言葉達。
    聞いているだけで楽しくなるこれらの愛らしい言葉達、
    これからも大切にしていって欲しいです。

    掲載日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    4
  • 付け足し言葉は楽しくなるスイッチ♪

    • ランタナさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    おっと合点承知之助などの言葉は
    「言葉の勢いが止まらずに、シャレで言葉を付け足した『付け足し言葉』」というそうです。
    そんな付け足し言葉を絡めて、おじいちゃんと子ども達の忍者遊びのワクワクが生き生きと描かれたこの絵本。
    つちだのぶこさんの絵が親しみやすくて、ぴったりです。

    付け足し言葉だけ見ると、「おはようごん左衛門」とか「恐れ入りやの鬼子母神」とか、結構難しい昔の言葉を使っているのだけど、
    お茶目なおじいちゃんのおかげで、
    よくわからないけど面白いし、言ってみると語呂がいい感じ!というノリで子どもも真似して言っていました。

    息子は「しーらんぺったんごーりーら」が大好き。
    注意したとき満面の笑みで言われると
    「嬉しそうになーに言ってんだか」と、ちょっと緩むんです。
    付け足し言葉って楽しくなるスイッチみたい。
    もちろん「おっと合点承知の助」の方が嬉しいですけどね。

    掲載日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    2
  • 幼児には難しかったけど。

    5歳幼稚園年長さんの娘が図書館で手に取って来たので一緒に読んでみました。
    「つけたし言葉絵本」ですが,5歳児にはちょっと難しかったようです。
    いえいえ,親の私でさえも「これ聞いたことある〜」という言葉は2〜3個ほどでした(笑)。
    でも何だか楽しくなる絵本でもありました!

    掲載日:2016/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い日本語

    私が知っているものと若干違うものや、全く知らなかったものまであり、親子でとても楽しく読んでいます。
    1人読みを始めた息子ですが、こちらは親子で読み聞かせする方が面白いなーと思います。
    ちゃんとストーリーにもなっているので、物語としても読めます。

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • おぼえた〜い!

    「粋」です。
    難しい言葉をさらさらと。
    そして、「活き」もある。

    娘は、難しいながらも、
    テンポのよさとつちださんの楽しい絵に
    引き込まれてました☆

    これは、絶対こどもはスキです。
    小学校とかで読めば、ブームになりそう。
    私も、いっぱいおぼえて、
    「粋」に使いこなした〜いですっ!!

    掲載日:2011/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 付け足し言葉というんですね

    言葉遊びを楽しめる絵本を探していて、こちらをみつけました。
    某テレビ局の「にほんごであそぼ」が大好きな息子は気に入るんじゃないかなと思ったのですが、まさにぴったりでした。

    タイトルにもある「おっと合点承知の助」みたいな言葉は駄洒落なのかと思っていましたが、付け足し言葉、というのですね。

    この絵本はストーリー仕立てになっていて、おじいちゃんと子ども達が忍者ごっこをして遊びながら、楽しい付け足し言葉を連発していきます。
    なので、どんなシチュエーションでこれらの付け足し言葉を使うのかもばっちりわかります(笑)。

    大人目線ではオヤジギャグでは??っていう気もしますが、子ども達にはとても新鮮な言葉遊びのようですね。
    息子は「おはよう権左衛門!!」「ただいま帰ってキタキツネ!!」がお気に入りです。

    幅広い年齢のお子さんに楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2010/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • “付け足し言葉”のオンパレード

     “付け足し言葉”の遊び絵本です。
     最近廃れてきている“付け足し言葉”。
     お年寄りとの同居家庭が少ないからか?と、斎藤先生。

     おじいちゃんと同居の家庭を設定し、孫とおじいちゃんの一日の生活の中で、忍者ごっこを取り入れながら、“付け足し言葉”のオンパレードです。
    なんとも、リズムと響きが良く、楽しくなってしまいます。
     息子に読んだときは、5歳の時でしたが、意味は解らずとも喜んで、一晩に5回リクエストをうけた日もありました。
     巻頭にもにも巻末にも「声を出して」とありましたので、3回目から、息子にも言わせてみたら、さらに楽しそう。
     盛り上がって、なかなか寝てくれませんでした(笑)。
     
     忍者屋敷へ行ったりした時期でしたので、もう夢中でした。
    「すいませんねん 亀は万年」はおおうけでした。
     『えんにち奇想天外』(こちらにも忍者さんが出てきます)と共にお気に入りの一冊でした。

    掲載日:2009/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何度読んでも楽しい

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子10歳、男の子8歳、女の子6歳、女の子1歳

     言葉も楽しいのですが、なんといってもそれがぴったりのつちだのぶこさんのイラスト最高です!何度読んでもあきません。
     中でもおじいちゃんと忍者のキャラクターが子どもたちには大受けです。
     また、ここに出てくる言葉を子どもが普段使いするのがすごいです。絵本の効果大!!楽しんで付け足し言葉を使っています。
     楽しんで言葉の世界が広がりとてもよかったです。

    掲載日:2008/12/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おっと合点承知之助」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / キャベツくん / ブタヤマさんたらブタヤマさん / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット