雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

おっと合点承知之助」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

おっと合点承知之助 作:齋藤 孝
絵:つちだのぶこ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年01月
ISBN:9784593560455
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,383
みんなの声 総数 80
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 家族で口癖になるほどハマりました

    この本を読んだのは息子が10歳の時。
    小学校の読み聞かせでも、みんなで声を出したら大うけした絵本です。
    意味は知らなくても(あまり意味はないかもしれないけれど)どこか聞きなれた言葉と、聞いたことなくても口に出してみるとビシッと決まるリズム感。
    言葉遊びの楽しさをこれほど表現している絵本も珍しいと思いました。
    齋藤孝さんの乗りに乗った声に出す路線の大ヒット作だと認めます。
    登場人物のキャラクターもさりながら、おじいさんの大活躍で年寄の存在感も見事に伝えてくれました。
    我が家で読み聞かせした後、しばらく親子して口癖のように連呼しておりました。

    掲載日:2011/09/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • さらり、と言いたい

     声に出して読むシリーズの本は、他にも読んでいます。この絵本は、だじゃれ?です。意味はないけど、ひびきがおもしろい言葉です。 
     つちださんの描くおじいちゃんは、言葉にぴったりな感じでおもしろいです。

     絵本に書かれている言葉を今は、「読んでいる」という感じですが、ふだんの生活の中で、さらりとでてくるようになったら、粋なんですよね。
     この言葉を言う方も聞く方も理解していないと、おもしろくありません。知的な言葉遊びなんだなと思います。

    掲載日:2011/08/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おっと合点承知之助」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / キャベツくん / ブタヤマさんたらブタヤマさん / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『つくってみよう! へんてこピープル』tupera tuperaさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット