たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

うまかたやまんば」 大人が読んだ みんなの声

うまかたやまんば 絵:赤羽 末吉
再話:おざわ としお
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1988年10月1日
ISBN:9784834008098
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,142
みんなの声 総数 31
「うまかたやまんば」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 宮城県の昔話

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子17歳

    宮城県に伝わる昔話の再話です。
    荷物を運ぶ馬方が、山道でやまんばに出会い、
    積み荷の魚や馬まで奪われてしまいます。
    やっとのことでやまんばから逃げて
    一軒家に隠れていると、そこはやまんばの家だったのです。
    かくして、馬方の仕返しが始まります。
    横長と縦長の画面を効果的に使い、
    スリリングな展開となっています。
    語り口も、展開も、昔話の繰り返しのリズムが心地いいです。
    小学校のおはなし会で読みました。
    馬方、火の神、萱(かや)など、難しい言葉もありましたが、
    丁寧な描写で理解してくれていたようです。
    何より、心地いい文章を読むだけで、その世界観が伝わってきます。
    子どもたちもしっかりと聞き入ってくれました。

    掲載日:2014/01/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • ハラハラ・ドキドキ・ヒヤヒヤの連続

    誰でも知っている日本の昔話が読みたくて、手に取りました。

    日本の昔話って、やまんばが出てくるお話が多いですよね。
    山姥(やまんば)は、奥山に棲む老女で日本の妖怪なんだそうです。

    馬方の魚や馬の足をバリバリ食べながら迫ってくるやまんばに、
    ハラハラ・ドキドキ・ヒヤヒヤさせられます。

    なんとか逃げ延びたと思えた馬方でしたが、逃げ込んだ一軒家がまた、
    やまんばの家だったというオチ(笑)
    そこでまた、やまんばに見つかるのでは?とハラハラ・ドキドキ・
    ヒヤヒヤさせられます。
    見開きのページを縦に使って描かれた、やまんばと馬方のやりとりが
    とてもおもしろいですね。

    怖いキャラのやまんばですが、時々とんちんかんなことをやらかすので、
    知っているお話ではありましたが、改めて楽しんで読めました。
    こういう、勢いがあって一気に読める昔話、本当に楽しいですね。
    最後は、しっかり馬方の仕返しがあります。

    赤羽さんの絵が、とってもリアリティがあって、やまんばも馬方も
    生き生きしていたように感じました。

    掲載日:2011/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤羽さん

    昔話に興味を持っているのでこの絵本を選びました。赤羽さんの絵が物語とピッタリと合っているのが素晴しいと思いました。横向きから話が始まって物語が進むにしたがって縦向きになるのがセンスがよいなと思いました。主人公が自分のに持ちを大切にし、決めたことを実行しようと知恵をめぐらせるのが素晴しいと思いました。継続し諦めない事の大切さを教えてくれる絵本でした。

    掲載日:2010/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • たかきうち・・・!

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    民話を再話絵本として表現したものですが、考えてみたら恐ろしいですよね
    馬の脚を1本ずつ取って食べるって・・・
    それでも走り続ける馬もすごいなぁ〜なんて絵本だから、残酷な表現もないので見ていられますが・・・
    昔は悪人に対しては徹底して懲らしめるという、今ではオブラートに包むような終わり方に対して、すっきりします

    掲載日:2009/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもが好きなお話

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    この絵本ではないのですが、ストーリーテリングで子ども達に聞いてもらったのですが、
    子どもたちは怖いお話が大好きで、緊張した表情で聞いてくれました。
    怖い話を体験することで、子どもたちは怖さを知る事ができます。
    怖いということを知らないことはとても危険なことです。

    主人公が怖いことを乗り越えて、知恵で乗り切ると読んでいる子どもたちも自分が乗り越えた気持ちになるようです。
    実生活の危険にも敏感になり、想像する力で危険から身を守ります。

    このお話には聞きなれない物がたくさん出てくるので、絵本で見る事で理解ができます。
    昔話の味のある雰囲気は絵だけでなく文章も大事です。
    子ども達に伝えるために共通語にされたそうですが、方言の温かい雰囲気も捨てがたいと改めて感じました。

    掲載日:2009/03/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「うまかたやまんば」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット