くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

もりのおばあさん」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

もりのおばあさん 作:ヒュー・ロフティング
絵:横山 隆一
訳:光吉 夏弥
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1980年
ISBN:9784001151091
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,789
みんなの声 総数 8
「もりのおばあさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おばあさんの人柄

    もう100歳以上になっているおばあさんが、ある日持ち主の甥が森の

    家に帰ってきたことから家を追い出されてしまいます。

    一緒に住む犬のぴーたー・ぱんく、あひるのぽりー・ぽんく、ぶたのぱ

    とりっく・ぽんくの活躍で無事にお家に住めるようになるお話です。

    おばあさんは、今は歳も大きくなって体の自由が利かないので愚痴ばか

    り言うのだと思います。愚痴をこぼす相手がいてよかったと思いました

    それで長生き出来たのだと思うし、今まで親切に面倒見がよかったから

    恩返しをしてくれるお友達に恵まれているのだと思いました。

    相手にきちんと話をして理解してもらって協力してもらっているのが

    とてもよかったです。おばあさんを追い出したくなかった甥も、おじさ

    んにおばあさんが住んでいることを話せばおばあさんも追い出さなくて

    よかったし、酷い目にもあわずに済んだから、話し合いの大切さを学ん

    だ絵本でした。

    掲載日:2010/08/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「もりのおばあさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / はじめてのおつかい / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / きんぎょがにげた / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『しりとりしましょ!巻物えほんキット』<br>さいとうしのぶさん インタビュー<br>

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット