大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう 作・絵:バージニア・リー・バートン
訳:村岡 花子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1961年08月
ISBN:9784834000047
評価スコア 4.57
評価ランキング 3,970
みんなの声 総数 96
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 躍動感溢れる絵本。

    • ちゅら。さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子13歳

    表紙からして勢いがあり、お話しにぐいぐい引き込まれます。

    モノトーン絵本の代表作として有名な絵本です。
    カラーよりもモノトーンであることで「きかんしゃ ちゅうちゅう」が周りの景色に埋もれることなく生き生きと走っていますね。

    文字の配列デザインもアソビゴコロがあり、絵のバランスもピタリとはまっていて、気持ち良く読めます。

    長く読み継がれる絵本であることに納得の一冊。

    掲載日:2010/03/23

    参考になりました
    感謝
    2
  • 俺と息子のいたずらきかんしゃです

    絵本ナビで目にして、息子の部屋から持ち出しました。
    子どもが幼稚園の時に、保母経験の知人から勧められて購入した1冊。私にも息子にも思い出いっぱいの絵本だったようです。

    蒸気機関車のちゅうちゅう。機関車トーマスのように意志のある機関車です。
    ある日、ちゅうちゅうは自分の意志で走りたいと思いました。
    日頃ひいている客車を残して冒険の旅に出かけます。
    人に迷惑をかけても、やんちゃのし放題。
    二またにわかれる線路で選んだ道は列車の使わない廃線。
    あまり話してしまうと申し訳ないほど盛りだくさんの絵本なので、後は絵本を見てのお楽しみ。

    この絵本では、モノクロームの絵がとてもリズミカルな表現をしています。
    原書は見ていないのですが、文章のリズミカルさと文章の取り込み方が、機関車ちゅうちゅうを印象づけるような取り込み方で、絵本にメロディーラインを取り込んでいます。
    かたく考えると、ちゅうちゅうの行動は問題だらけなのですが、ちゅうちゅうの自立が印象的に描かれていること、取り巻く社会のことが描かれていること、絵本として見事です。

    よく考えると、息子が幼稚園の時にはこのようなレビューは書けなかったと思います。
    で、息子はというと…
    ストーリーは知っているからと、取り合ってくれません。
    息子の本棚に残されている『いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう』。
    息子にも思い出があって、大切にしたいことがあるのでしょう。
    今回息子に読むことは出来なかったけれど、息子にはこの絵本を通して大切な何かを持っていることがとてもうれしく感じられました。

    とても良い絵本です。
    多分お父さんと息子の接点になる絵本です。
    どの世代で読むか、読み返すと息子と親父の語らいが生まれるような絵本です。

    掲載日:2010/04/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おふろだいすき / なにをたべてきたの? / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


2つの写真のまちがいをさがそう

全ページためしよみ
年齢別絵本セット