庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

たたかえ恐竜トリケラトプス」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

たたかえ恐竜トリケラトプス 作・絵:黒川みつひろ
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1992年
ISBN:9784338101011
評価スコア 4.41
評価ランキング 8,542
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 解説が詳しい

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    息子とこのシリーズを読み進めています.

    この本を読むと,大昔恐竜たちはこういう生活をしていたのかな〜というのがよく分かって面白いです.
    トンボを追いかけて遊んでいるリトルホーンがとってもかわいいのですがそれとは正反対に,肉食恐竜ダスプレトサウルスの迫力はすごいものです.絵を見てるだけでも楽しそうな息子です.

    最後の解説まで読むと,時代背景やお話に出てくる恐竜に関する情報が詳しく載っているので,お話の内容が深く理解できます.
    解説までしっかり読むのがオススメです.

    掲載日:2015/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 恐竜たちの時代を自然に理解できる絵本

    5歳の長男が「友達に面白い本を教えてもらった」と言って、図書館で探し出してきました。

    特に恐竜好きというわけでもない長男ですが、冒険もの、敵と戦う話は大好きです。この絵本は草食恐竜のトリケラトプスの親子が主人公で、地球の気候変化や、南の新天地への移住、肉食恐竜との戦いが描かれており、自然と恐竜たちの時代のことを簡単に理解できるようになっています。

    子供はそのようなことは理解せずに、敵との戦いをハラハラして聞いているようです。この巻では、移住前が舞台で、肉食恐竜ダスプレトサウルスと戦います。身体も小さい弱者のトリケラトプスですが、知恵をしぼって敵を倒し、ハッピーエンド。

    旅の続きが気になります。

    掲載日:2013/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハラハラ!

    うちの子は女の子ですが、恐竜の絵本や図鑑が好きで、このシリーズも小さい頃からお世話になってきました。
    特にトリケラトプスが一番好きなので余計です。

    今回のお話は、トリケラトプスの群れのリーダーのビッグホーンとその子どものリトルホーンたちが、肉食恐竜のダスプレトサウルスと戦うお話です。

    恐ろしい肉食恐竜にハラハラしたり、まだ小さいリトルホーンの勇気に感動したり、思わず読む声にも力が入ってしまいました。

    恐竜好きの子にお勧めです!

    掲載日:2011/05/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「たたかえ恐竜トリケラトプス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ / おしり / おばけのどろんどろんとぴかぴかおばけ / きんぎょがにげた / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット