ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ねずみくんのチョッキ」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

ねずみくんのチョッキ 作:なかえ よしを
絵:上野 紀子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1974年08月
ISBN:9784591004654
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,666
みんなの声 総数 235
「ねずみくんのチョッキ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • なぜかお気に入り

    • マイルズさん
    • 40代
    • ママ
    • 奈良県
    • 男の子7歳、男の子1歳

    もうすぐ2歳の息子、お気に入りの一冊です。
    モノクロの絵にチョッキだけが赤なのが良いのか、
    知っている動物がたくさん出てくるのがうれしいのか、
    最後に象さんにブランコしてもらうのが好きなのか、
    ポイントはよく分かりません。

    自分のベストは「べ」だけど、この絵本は「チョッキ」と言って持ってくるのも面白いです。
    上の子も好きだったので、人気があって定番なのも納得です。

    掲載日:2013/05/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 伸びたって いいじゃん

    お母さんが編んでくれたチョッキ。

    気前よく貸したら、また貸しの、また貸しの、また貸しの・・・・・
    で、伸びに伸びたチョッキになってしまいます。

    そこに「ごめんね」とか「大丈夫だよ」とか
    そんな言葉は一切登場しません。

    たくさんの動物達やぞうさんが着たお陰で(!?)
    伸びに伸びたチョッキを着て、とぼとぼと帰るネズミ君の姿。

    教訓じみたところが、全くなく
    「ねずみくんのチョッキ」にまつわる一部始終を、繰り返しの言葉を使って、ありのまま、そのままに味わえる面白い本です。

    最後に、伸びたチョッキを、ぞうさんの鼻にかけてブランコ代わりにするネズミ君の姿が、なんとも印象的です。
    ネズミ君が、「伸びたっていいじゃん。小さいことを気にするな〜」
    と、教えてくれるような気がします。

    息子は、もっぱら「チョッキごっこ」をするのが好きです。
    手を後ろに伸ばし、伸びたチョッキを引っ張るねずみの真似をしています。

    掲載日:2010/08/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 伸びたチョッキに大泣き

    チョッキが小さくてわかりにくいかなと思って、子供の服
    をツンツンして、「お服だよ、チョッキね」と言って
    読み聞かせていったら・・・
    ラストの、ねずみくんが 「うわっ、ぼくのチョッキ!」って
    泣く箇所で、 子供が「うわぁ〜ん」って目に涙をためて、
    泣いたのでびっくりしました。

    1歳児に「ねずみくんがかわいそう」
    なんて共感はないだろうと思います。
    でも、チョッキが壊れちゃったのは分かった。
    それで泣いたみたいです。
    これ、笑える話だと思ってたけど・・・悲しいって思うと
    オチに救いがなくなる!!
    と思ったら、裏表紙に小さく、「ゾウさんが伸びたチョッキを
    鼻にかけてくれて、ねずみくんがブランコにして遊ぶ影が。」
    それを教えたら、ちょっとホッとした様子。

    それからしばらくは、あまり読みたがらず。
    でも、2歳間近になって、もう一度読んだら、
    ゲラゲラ笑っていました。

    ねずみくんシリーズの中では、オチが分かりやすく、ひねりが
    ないので、かなり小さい子でも分かる点でおすすめです。
    ちなみに、「ねずみくんのチョッキみたいになるよ!」が、
    私の口癖に。
    いたずらしていても、パッと手を離すのがおもしろかったです。

    掲載日:2008/10/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 顏がいい

    出てくる動物たちの顏がいいです。
    文字はとても少ないのですが、どの動物たちも顏がとても面白いです。
    動物ごとに声色を変えて読んであげたいんですが、そんな演技力がないのが残念です。
    長く楽しめそうな絵本です。

    掲載日:2015/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラストのオチまで面白い!

    1歳のころから、読み聞かせしています。
    文章が短いので十分に楽しめます。

    ねずみくんのご自慢のチョッキが、「ちょっとかしてよ」と
    どんどんおおきな動物たちに貸されていって、、、

    という単純なおはなしですが、
    動物たちの「ちょっとかしてよ」の声色を変えたりして
    読んでいくととても楽しい絵本です。

    最後に、のびのびになったチョッキで・・・というオチの挿絵が好きです。

    掲載日:2014/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好きでした

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    子供の頃、自分が好きだった絵本です。
    あまり絵本を読んだ記憶のない私ですが、この絵本は気に入っていたのを覚えています。
    本屋さんでかわいいハンドタオル付で売っていたのを発見して、思わず購入してしまいました。


    シンプルな絵なので、息子が気に入るか分からなかったのですが、さすがたくさんの人に読まれている絵本、息子も気に入ってくれました。
    特にぞうさんが出てくるページがお気に入り。

    たくさんシリーズがあるようなので、他の絵本も読んであげたいです。

    掲載日:2014/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • なつかしい!

    これ読んだことある!と思い手にとりました。とってもかわいいシンプルな絵本です。長く読まれているだけあり、動物たちの細かな表情がとてもわかりやすく描かれています。親子で代々読める絵本って素敵だと思います。大事にしたい1冊です。

    掲載日:2012/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔から持ってる本

    • みちゃママさん
    • 20代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子1歳、女の子0歳

    子供の頃に何度も読んだこの本を、子供と一緒に読みました。

    可愛らしくてページをめくる度にほんわかします。

    シンプルで分かりやすく可愛い絵本です。

    1歳11カ月の息子には内容理解まではまだ難しいようです。

    また少ししたら読みたいと思います。

    掲載日:2012/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 記憶に残る

    小さいころに読んで、記憶にある絵本です。
    単純なストーリなのですが
    どんどん大きな動物が出てきて
    その小さなチョッキをきる姿が何とも楽しいし
    絵がかわいいです。

    なんとなくわかってしまう結末ですが
    それでも嬉しくて読んでしまいますね。

    掲載日:2011/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみくん

    1歳の娘と一緒に読みました。ねずみくんのチョッキを着ようと沢山の動物が登場します。小さいねずみくんのチョッキを大きい動物が着てしまうので仕舞いには伸び伸びになってしまいます。ねずみ君のほのぼのした姿が良いですねー。最後、ねずみ君が伸びたチョッキでのんびりしている姿も面白いです。心が広いのか、のんびり屋さんなのか、とってもマイペースなねずみ君に癒されます。

    掲載日:2010/10/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねずみくんのチョッキ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おおきなかぶ / こんとあき / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット