だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

かくれんぼかくれんぼ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

かくれんぼかくれんぼ 作・絵:五味 太郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1978年08月
ISBN:9784032400106
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,002
みんなの声 総数 35
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • みつからないぞ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    かくれんぼが流行っているらしい3歳児に読みました。
    みんなものかげにかくれてこれで大丈夫、みつからないぞ!と思っているところもかわいいですね。
    ぞうより大きい生き物ってなんだろう…、生き物ではなくて本物の山かと思わせておいて…!
    一人がみつかるとあとは連鎖的にぽろぽろとみつかるのもテンポが良いし、わかりやすいです。

    掲載日:2014/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • かくれんぼとは・・・

    • たっこんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 男の子5歳、男の子3歳

    かくれんぼを兄弟でやっているのに、まったくかくれんぼになっていないのをみて「かくれんぼとはこういうのだ!!」と教えたくて読んだのがこの1冊です。(別に、かくれんぼが成立してなくてもたのしそうだからいいかとも思ったのですが・・・一応、教えとかないとね)

    絵もかわいいです。
    隠喩というのでしょうか、動物たちが動物にかくれるのですが、それを別のものにたとえてあるのも、面白いです。
    実は・・・こいつだったのか!!!みたいな驚きが味わえます。

    この本は息子が1歳の時にプレゼントされたもので、そのころはずっと読んでいたのですが、なぜか、鬼の場面は爆笑で何度も何度も見ていました。そのころは、文字も読めなかったので丸暗記でよんでいました。

    掲載日:2012/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 当てさせるのが面白い

    ねずみがきつねの影に隠れ、きつねはかばの影、かばはぞうの影、ぞうは鬼の影にかくれんぼします。でも、鬼が見つかり、ぞうも見つかり、、、みんながどいてねずみも見つかってしまいます。

    最初はまだまだ隠れてるのかー!とびっくりしますが一人ずつどいていくのは予想通り。隠れているときにこれ誰かな〜?とこどもに話しかけながら当てさせています。シンプルなので1-3歳向け。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど、そういうことか!

    3歳10ヶ月の息子に読んでやりました。かくれんぼの絵本だと思ったら、ちょっと違っていました。おもしろい展開だなーと思いましたが、3歳の息子にはまだちょっとわからなかったかな?

    ねずみさんがかくれんぼをしています。ねずみさんが隠れたのはわらの陰。でもわらだとおもったのは、かくれんぼをしていたきつねさん。きつねさんが隠れたのは木の陰。でも木だとおもっていたのは、かくれんぼをしていたくまさん・・・。とみんなかくれんぼをしている○に隠れたつもりになっているので、なにかの理由でその○が動いてしまうと、見つかってしまうのです。

    なるほどーおもしろい展開だなーと関心していたのは、私だけ?息子はなんとなくわかったようなそうでないような・・・。ちょっとむずかしいかも。もう少し大きくなったら読んで上げたほうがいいかもしれませんね。こういうとんちというかトリックは五味さんは得意ですよね。おもしろいけど、なかなかそのよさが分かりづらい。ですので、もう少し大きくなったお子さんに読んであげてください。

    掲載日:2011/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 隠れ場所のひみつ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子13歳

    小さい子向けのおはなし会用にセレクト。
    かくれんぼという題材がいいですね。
    五味太郎さんの鮮やかな絵なら、遠目も利きそうです。
    ねずみくんがかくれんぼしていて、隠れた先が、実は違う動物で、
    その動物も、実はかくれんぼ中で、と、
    つまりは隠れ先がみんなかくれんぼ中という楽しい展開です。
    もちろん、繰り返しの展開で、音読すると心地いいリズムになります。
    意外な生き物たちが登場するのもたのしいです。
    なにより、何と楽しそうなかくれんぼでしょう。
    かくれんぼ本来のドキドキ感だけでなく、意外な展開への驚きもあって、
    スリル満点。
    子どもたちの反応が楽しみです。

    掲載日:2009/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほーっ、なるほど!

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子3歳

    かくれんぼの仕方が、いまいち 間違ってませんか!? な娘にどお?と思い読んでいる絵本です。

    干草だと思って隠れたら・・・あら?
    岩だと思って隠れたら・・・あら?
    山だと思って隠れたら・・・えーっ!?
    発想の面白いかくれんぼの絵本でした。

    「もーいいかい?」と言いながら隠れる娘には、この絵本でかくれんぼの仕方がわかったのかは疑問ですけどね。。

    掲載日:2008/09/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かくれんぼかくれんぼ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / はらぺこあおむし / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット