もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

あめのひのえんそく」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

あめのひのえんそく 作・絵:間瀬 なおかた
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年04月
ISBN:9784893254931
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,027
みんなの声 総数 68
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 表紙のタイトルは、雨の日の遠足かあ?って思いましたが、表紙の絵がとても素晴しいし、「でんしゃでいこう でんしゃでかえろう」の間瀬なおたかさんの絵本だから期待通りとてもよかったです。バスに乗って園外療育に行くのが大好きな孫だからとてもくいいって聞いてました。
    虹の場面が一番よかったし、ぶどう狩りも出来てほっとしました。

    掲載日:2013/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • たのしいしかけえほん

     幼稚園の子供たちが、楽しみにしていた遠足。でも、あいにくの雨。 トンネルを抜けるたびに(ページをめくるたびに)新しい景色が広がります。どのページも、とても色がきれいです。トンネルのところにあながあいていて、ちょっとした仕掛けがあります。また、沢山の車の中から遠足バスが、どこにいるのかを探すのも楽しみの一つです。
     遠足の目的地、「ぶどうやま」につくと、雨はやみ、空には、大きな虹がかかります。虹にも、楽しい仕掛けがあります。この絵本の、一番の見どころが、ここだと思います。遠足を楽しみにしていた子供たちの気持が、空に通じたのかと思うと、虹が一層奇麗に感じられます。
      梅雨の時期にお勧めの絵本です。

    掲載日:2009/06/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あめのひのえんそく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



100年の歳月を超え現代によみがえった幻のおはなし

みんなの声(68人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット