モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

どうぶつえん」 大人が読んだ みんなの声

どうぶつえん 作:アンソニー・ブラウン
訳:藤本 朝巳
出版社:平凡社
本体価格:\1,500+税
発行日:2003年05月
ISBN:9784582831559
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,373
みんなの声 総数 15
「どうぶつえん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • パパが 一番おもしろい!

    家族四人で 動物園に行くのです。
    車が渋滞していて  パパが問題「車は何台でしょう? じゅうだい」

    だじゃれに まずは 笑えました

    パパは動物園の料金を 弟は小学生なのに 「ようちえん」とうそついてごまかした。(誰でも一度くらいは パパと同じごまかし したのでは?)

     私は 電車に乗るとき 子供の料金うそ言ったの覚えています。

    嘘着いたことは 自分が一番覚えていて・・・・・

    動物園の動物が リアルに描かれていてゴリラは 写真?

    もう一つ大笑いしたのはパパのだじゃれを自分で 涙出しながら 笑っているところ
    こんな パパに笑えるのと同時に 人間らしさを感じ 親しみをかんじます!

    逆に ママは「どうぶつえんは ほんとうに どうぶつのためにあるのかしら。 きっと にんげんの ために あるんじゃないかしら」

    冷静な 思考に 作者の思いが隠されていて 読者に問いかけているのが分かります。

    最後の ぼくは ゆめを みた。
    どうぶつたちも みるのかな?

    余韻が残り 夜の動物園のシルエットが 素敵な 表現ですね!(にくい 表現)

    とにかくおもしろい絵本でした 皆さんも読んでみてくださいね!

    掲載日:2010/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • アンソニーさん

    アンソニー・ブラウンさんの作品が好きなのでこの絵本を選びました。主人公のお父さんが率先して動物園を楽しみ堪能しているのが良いと思いました。主人公達が動物もさることながら家族と一緒にいる時間に感謝して思いっきりエンジョイしているのが素晴らしいと思いました。動物園独特のユニークな帽子も可愛らしくて気に入りました。

    掲載日:2010/03/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「どうぶつえん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット