もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ガラスめだまときんのつののヤギ」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ガラスめだまときんのつののヤギ 作:(白ロシア民話)
絵:スズキ コージ
訳:田中 かな子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1988年05月31日
ISBN:9784834007718
評価スコア 4.37
評価ランキング 9,888
みんなの声 総数 34
「ガラスめだまときんのつののヤギ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 爽快!

    おばあさんの麦畑をダメにしてしまうヤギ。そんなヤギを追い払おうといろんな動物たちがヤギに挑みますが、「ガラスめだまと金のつので一突きさ」と言われ、動物たちは退散。最後におばあさんはハチに話すと…。

    体の大きさじゃないんですね。何だか気分スッキリ!爽快!いろんな動物たちが出てきてダメになっていく場面では、ガックリの連続だったのですが、その分最後がとっても良かったです。

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 劇にしても面白そう

    5歳の息子と7歳の娘に読みました。
    おばあさんが自分の麦畑に居座るヤギに困っています。いろんなどうぶつが協力して追い出そうとするのですが、ヤギに「おいらにゃ、ガラスめだまときんのつのがある。ひとつきすれば、いちころさ」と凄まれ、うまくいきません。
    クマ、オオカミ、キツネ・・・というように、協力してくれるどうぶつがだんだんとちいさくなっていくのが面白いです。最後には本当にちいさなものがヤギを追い出すことに成功します。
    繰り返しのセリフが楽しくて、子どもたちもうれしそう。劇にしても面白そうなお話だなぁと思いました。

    掲載日:2014/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヤギが強い?!

    なんとなく目に留まって借りてきた絵本です。

    おばあさんの畑に居座ったヤギの強いこと!
    熊やら狼にも負けない睨みといいスゴミといい・・・
    このヤギを追い出すために出てくる助っ人が
    だんだん小さな動物になってくるので
    話しの展開が気になって読み進めることができました。

    ヤギやヒツジと言えばオオカミなどに狙われるか弱き動物
    というイメージを持っていましたが、
    『さんびきのやぎのがらがらどん』といい
    ヤギは意外と強いのかもしれませんね。

    最後の結末がとても気になる1冊でした。

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力満点

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    表紙にはギラギラした目玉のヤギの絵。
    すごく迫力があって、見るからに恐ろしそうです。
    ドキドキしながらページをめくると、期待を裏切らない極悪非道ぶり。
    おばあさんの大事な麦畑で、食っては踏んづけの大暴れ。
    助けに来てくれた動物たちはみんな強そうなのに、ことごとくヤギに追っ払われてしまいます。
    そして最後に現れた助っ人は・・・。
    いかにも昔話らしい、繰り返しとオチです。
    何故ヤギはあんなにひどいのか、何故動物たちは啖呵をきられただけで逃げてしまうのか、謎が多いのもまた昔話らしい。
    娘の感想は「変なおはなし〜」でした。
    でも、スズキコージさんの迫力満点な絵は一見の価値ありですよ。

    掲載日:2010/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごくおもしろい

    娘が「なんだか絵が面白そうだったから借りてきた」と言って
    幼稚園から借りて帰ってきました。

    荷物紐を貼り付けたような独特のタッチの表紙タイトル、そそられます。
    読み進めると、どうもよくある繰り返し絵本のようです。
    しかし、突っ込みどころ満載。
    おばあさんのために力を貸す動物達が、だんだん小さくなっていきます。
    娘は、まず最初に、ヤギにすごまれただけで退散した熊に
    「なんですぐあきらめるんだよー、どんっと踏みつけてやればいいのにっっ」と歯がゆそうにいい
    その後も、登場する動物達に、ずっとぶつぶつと文句を言っていました。
    あまり気になったのか「ちょっと待って」と最後のほうのページを自らカンニング。
    ちょっと展開が見えて安心したのか、後はおとなしく聞いていました。

    読み終えると「やっぱりすごく面白かった(^^)」と大満足の様子でした。

    掲載日:2009/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 凄い迫力

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子2歳

    我が家には、「きつねとうさぎ」の絵本があるので、まずは同じだ〜と
    思いました。
    そして、「ウサギのいえにいるのはだれだ?」にもどこか似ていると。

    繰り返しが楽しいです。特に「でていけったらでていけっ!」のリズムが
    勢いがあって良いですね。
    そして絵の迫力。
    コラージュの技法のおかげで奥行きが出て、より迫力が増しています。
    ヤギの目、めっちゃこわい〜〜〜!
    小が大を下す、こういうストーリーってスッと落ち着きます。
    横で聞いていた娘も、ホッとした気分で物語を終えたのを感じました。

    掲載日:2008/07/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ガラスめだまときんのつののヤギ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.37)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット