庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

てがみをください」 大人が読んだ みんなの声

てがみをください 作:山下 明生
絵:むらかみ つとむ
出版社:文研出版
本体価格:\1,300+税
発行日:1975年
ISBN:9784580813946
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,583
みんなの声 総数 46
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いちじくのはっぱ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    以前国語の教科書に掲載されていたようで、
    知人が、お子さんの音読の宿題で聞いて涙した、と評されていたので
    読んでみました。
    「ぼく」の郵便箱にある日居候始めたかえる。
    「ぼく」は自分宛の手紙を取り込んでいるカエルに文句を言いますが、
    カエルが手紙をもらいたいと思っていることを知り、
    助言するのですが・・・。
    ちょっとした勘違いで、「ぼく」もカエルも、願いがかなわずじまい。
    ちょっぴり切ない余韻が残ります。
    登場するハガキが、昔仕様の20円切手、5桁の郵便番号。
    タイムスリップしたような気分です。
    舞台である郵便箱が、イチジクの木にあり、
    今住んでいる土地はイチジクが特産で身近なだけに、親近感がわきました。
    緑色のイチジクの葉っぱに、緑色のカエル、その単色の色彩が鮮やかです。
    村上さんの描く個性的な絵が、物語にぴったりですね。

    掲載日:2010/10/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • いちじくの木がほしい

    絵本を読み始める前に、表紙をめくったところに書いてあった山下さ
    んのことばにぐっときてしまいました。
    「子どもの手紙っていいな。とくに字をおぼえたてのちっちゃい子の
    手紙はすばらしい。鉛筆も折れるほど、力いっぱいのびのびと書いて
    ある手紙をもらうと、一日じゅう、心にやきいもをだいているみたい
    にほかほかする。生まれて初めて出す手紙、生まれて初めてもらった
    手紙・・おそらくそれは、魔法にも似た心おどりの世界でしょう。そ
    の不思議な魅力を緑の中の赤い郵便箱に象徴させて、この絵本をかき
    ました」
    山下明生さんは童話作家だから、きっとたくさん子どもからほかほか
    するような手紙が届くのだろうな。

    緑の中の赤い郵便箱。素敵だった。村上勉さんの絵の力もあるのだろ
    うな。村上さんの絵を久しく見ていなくて忘れていたけれど、そうだ
    ったそうだった。独特な力のある絵だった。忘れていても、一度見れ
    ばすぐに「ああこれは村上さんの絵だな」とわかる絵だった。
    私が自分の家を持ったなら、いちじくの木にこんな風にして手作りの
    赤い郵便箱をつけたいな。その箱の中にかえるが引越してきたならば、
    お手紙を欲しそうにしていたならば、絶対お手紙書いてあげるのにな。
    切ないなあ。

    掲載日:2010/04/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子ども達に伝えていきたい

    • けここさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子12歳

    自分が小学生の時、図書室に行くたびに読んでいました。
    かえるくんと同じ色の、鮮やかないちじくの葉っぱが印象的です。
    ちょっとひねくれた?かえるくんですが、本当は「ぼく」とお友達になりたかったのね。
    ちょっぴり切ない終わり方ですが、お子さん全般、大人でも惹きこまれていく素敵な絵本です。

    掲載日:2009/04/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自分へのお手紙を待っていたのに

    イチジクのおおきな葉っぱに、いっしょうけんめいに、
    願いを込めたおてがみ、カエルがいなくなってしまってから、
    こんなお手紙をみつけてしまったぼくのこころを思うと、
    カエルがもう一度もどってきてくれたらいいのにと思ってしまいます。
    イチジクの木や赤い郵便受けも、子供時代を思い出します。
    懐かしいな、この絵。ほかの絵本でたびたび見た作家さん。
    切なくやさしいお話でした。

    掲載日:2016/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわらない魅力

    村上さんの絵はやっぱりひきつけられますね!みどりの葉っぱとかえる、それに赤いポスト。とってもあざやかで、印象的です。長い年月がたってもちっとも魅力はかわりません。そして、お話も同じ。この本が書かれた時より、てがみのやりとりはめっきりへってしまった今でも、魅力はかわりません。いや、むしろ、さらに心に残るお話かもしれません。

    掲載日:2015/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • かえるくん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    かえるくんと男の子のものがたり。
    かえるくんはいったいだれに手紙を出したんだろう?と思いながら読んでいたのですがラストで…。
    すれちがいかー、切ないですね。
    かえるくんにその後男の子は再会できているといいなと願ってしまいます。

    掲載日:2014/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本の中の空気

    初めて読む絵本だと思うのですが、
    なんだかとっても懐かしい気持ちになりました。

    絵本の中の空気が伝わって来るというか、
    ずっと昔に自分が体験した物語を読んでいるように感じるというか・・・。

    最後はちょっと切ない気持ちになるのですが、
    いつかまた、かえると男の子が再会できるように祈ります。

    素敵な絵本に出会えて良かった。

    掲載日:2014/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 手紙の魅力 思い出します 

    手紙 このごろは 携帯があってメールが手紙の変わりになっていますが、私は、若い頃文通していました 手紙が届くのを 心待ちに待っていました。 手紙の魅力、「ワクワク感」を思い出しました

    パパと作った赤いポスト その中にアマガエルが自分の家にしているなんて、 おもしろい! 

    めがねをかけてポストの中の手紙を読んでいるかえる 笑えますね 
    かえるも老眼かな?

    かえるは自分も手紙がほしくて でも かえるに手紙が届かないんです
    「こなくったって どうってことないさ」かえるは 本当は手紙がほしかったんでしょうね(ちょっぴり いじはってる)
    かえるはいなくなってしまうのです

    かえるはいちじくのはっぱに「てがみを ください」と一枚一枚書いていたなんて・・・・ いじらしい

    ぼくは はじめて かえるの気持ちが分かり 手紙を書くのですが・・・(かえるは どこへいってしまったのでしょうね・・・)

    かえるに届くといいね〜
    住所がわかるといいね!(誰か教えてあげてください!)

    優しい気持ちになれる 山下明生さんのお話しです
    大好きな 村上 つとむさんの絵です
    絵を見ているだけで かえるにあいたくなりました

    掲載日:2013/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい

    この絵みたことある!と思い全ページでよみました。

    ぼくの郵便受けに引っ越してきたかえる。
    ぼくの手紙をみて、自分もてがみをほしくて
    手紙を書きますが・・・

    お話は淡々と進んでいきますが、
    言葉とはうらはらにポストの外へ出て
    手紙を待ち遠しげに待つかえるの気持ち、
    話の途中には描かれない僕の気持ち、
    なんだか色々想像を膨らませられます。

    いちぢくの木が他の木と間違えようのないくらい
    特徴をとらえて描かれているのが印象的です。
    私の実家の庭にもいちぢくが植わっているので
    その風景を思い出しました。

    子どもの頃、よく読んでいた本の絵を描いていたのが
    むらかみつとむさんだったことに気付きました。
    懐かしさを感じる人も多いのではないのでしょうか。

    掲載日:2012/02/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「てがみをください」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(46人)

絵本の評価(4.68)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット