かものはしくんのわすれもの かものはしくんのわすれもの かものはしくんのわすれものの試し読みができます!
作: かないずみ さちこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
わすれんぼのかものはしくん、でもでも、そんなものわすれちゃマズいでしょう!!

ハバードおばさんといぬ」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

ハバードおばさんといぬ 作:マザー・グース
絵:アーノルド・ローベル
訳:岸田 衿子
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\854+税
発行日:1980年04月20日
ISBN:9784579400935
評価スコア 3.45
評価ランキング 38,615
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • マザー・グースのリズムに触れる

    • ちょてぃさん
    • 40代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子13歳、女の子9歳

    英語でマザー・グースの作品に触れることはありましたが、初めて訳物のマザー・グースの絵本を手にしました。きっかけは、マザー・グースだからというより、絵が、娘の好きなアーノルド・ローベルだったからですが。
    アーノルドのレトロタッチなイラストにマザー・グースのリズミカルな文章がとてもマッチした作品でした。

    掲載日:2015/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬に翻弄されている感が

    息子に読み聞かせをしたのですが、犬が死んでしまったところで、驚いていました。

    マザー・グースなので訳すのは難しいと思うのですが、声に出すとその繰り返しと言葉のリズム感があります。

    絵がローベルなのでそれだけでも楽しめそうです。原文と対比させて楽しみたいし、以前堀内誠一さん絵のマザーグースを読んだので、この本と絵や言葉を比較してみたいなあと思いました。

    ハバードおばさんが犬に翻弄されているので、犬の動きの方にインパクトありです。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ハバードおばさんといぬ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『なくなりそうな 世界のことば』<br>西淑さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(3.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット