ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ともだち」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

ともだち 作:谷川 俊太郎
絵:和田 誠
出版社:玉川大学出版部 玉川大学出版部の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年11月
ISBN:9784472402784
評価スコア 4.76
評価ランキング 574
みんなの声 総数 83
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 私にとっては扱いづらい

    谷川俊太郎さんということで手に取ったのですが、子どもたちによいことが書いてある半面、いくつか現状とそぐわないところがあるように思いました。

    出版された当時の状況はどうだったのかわからないのですが、今の子どもたちを取り巻く環境を思うと人前で読むには十分な配慮を必要としそうです。

    「ともだちなら びょうきのときは おみまい にいこう」は新型インフルエンザの流行などもあり、病気の時にお見舞いに行くようなことは子ども自身も危険にさらさられることでもあること。

    「おとうさんや おかあさんや せんせいに いいつけるのは ずるいんじゃないかな」
    は、たとえば相手が大切なものを取り上げる子でその子の方が自分より

    高学年で腕力が強い場合、同じ学年であってもその子が乱暴な子であったりすれば、力の弱い子は耐え続けること、もしくは誰かが気づいて待たなくてはいけないことになってしまいそうです。

    ともだちとはただ一緒にいる子、クラスにいるというだけでなくて、心の中のつながりというのか、一緒にいると気持ちが温かくなるような存在であってほしいと思うのです。

    詩なので短く端的に心に響きやすい半面、子どもの年齢や感じ方によって、今の子どもたちには負担になることもありそうではないかと思いました。

    友だちの概念を自分の子どもに伝えることはできますし、本を読んだ後に話し合ったりすることもできるのですが、集団での読み聞かせの場合は、子どもたち一人一人がその後どう感じているかが見えにくいだけに、私には扱いにくい本のように思いました。

    掲載日:2010/03/10

    参考になりました
    感謝
    14
  • ともだちってどういう人のこと?

    • ちょし★さん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子10歳、男の子9歳、男の子8歳

    友達ってなんだろう?
    友達って どういう人の事をいうんだろう?

    シンプルだけど難しい疑問に、答えをくれる様な一冊です。

    「ともだちって いっしょにかえりたくなるひと」
    「ひとりではつまらないことも ふたりでやれば おもしろい」
    などなど・・。

    短いながらも 的を得ている表現の数々に、感嘆してしまいました。
    どれもこれも わかっていることや当たり前のこと。
    でも、とても大事なことで、実行するのには勇気や努力がいる場合もあること。

    小学4年生のクラスの読み聞かせで使用しました。
    日々の生活の中で「ともだち」の存在が大きくウェイトを占める時期でもあるので、各々の心に響くものがあったのではないかと思います。
    真剣に聞いてくれていました。

    多くのファンが支持している谷川さんですが、実は個人的にはあまり好きじゃない作家さんです。和田さんの絵も、シンプルでわかりやすいのですが、「好きな絵か?」と言われると、そうではありません。

    でも、この本はとてもいい作品です。

    苦手な作家さんでも、作品ごとにきちんと向き合って読んでみると、中には素敵な作品が含まれているものです。読まず嫌いをしないで、どんどん触れてみるべきだと感じる事もできました。

    掲載日:2008/09/12

    参考になりました
    感謝
    10
  • 人との関わり方

    娘が幼稚園児の時から家にある絵本です。

    当時の娘は、ただ聞いているだけのようでした。
    私は、この絵本を声に出して読むのが好きです。

    一部内容は、今の時代とそぐわないのはあるのですが、
    卑怯、ずるは恥ずかしい事、
    相手の気持ちを考えてあげられる人
    そんな事を考えられる子供は、
    そうそういないと思うのですが、
    この絵本をきっかけに
    想像力を働かせてくれたらいいなと思います。

    娘には、繰り返し読みたいです。

    掲載日:2015/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友だちってどんな人のことをいうのだろう?
    この絵本では、友だちの要件が色々語られています。
    全部が正しいようで、言い足りないこともいっぱいあって、でも自分にとって都合の良いという存在だけではないことを感じさせられます。
    人にとって嫌なことをしていては友だちでいられない。
    疑っていては友だちにはなれない。
    人に対する思いやり、友だちでもない人に対する思いやり、きっと自分の心が友だちを決めていくのでしょう。
    決して押しつけに終わらなず、谷川さんは問題を投げかけていました。
    こんなとき、和田誠さんの絵は、シンプルで伝わりやすいですね。

    掲載日:2015/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだちって素敵!

    4歳と8歳に読みました。
    一番最初の、
    ともだちって風邪がうつってもいいっていうところは
    ええ〜やだ〜って
    言っていましたが、その後はほとんど
    なっとくしていました。そうそうって。
    あれは、あえての最初の「つかみ」なんですね〜。さすが!
    最後の写真の部分では、くいいるように見ていました。
    和田さんの絵とのギャップが
    興味をひいたのだと思います。
    和田さんのいろんなタッチの絵も楽しめて
    よかったです。
    友だち関係にいろいろ亀裂が生じてくる
    中学年にぴったりだと思います!

    掲載日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ともだち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おつきさまこんばんは / どうぞのいす / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / からすのパンやさん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

全ページためしよみ
年齢別絵本セット