大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

きばのあるヒツジ」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

きばのあるヒツジ 作:さねとうあきら
絵:井上 洋介
出版社:サンリード
本体価格:\980+税
発行日:1981年
ISBN:9784914985141
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,683
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 草食系が肉食に変わると

    面白いお話ですが、面白いだけに終わらず、意味深さを感じてしまいました。

    オオカミから身を守るために、牙を「装備」した羊たち。
    アラビアのりなどという、レトロ感覚たっぷりののりで、死んだ動物たちの骨などを口に装着。
    まさに付け焼刃的、自己防衛。
    確かにオオカミから身を守ることはできました。

    ところが、自らの歯をおったりして牙をつけた羊たちには、草が上手に食べられない。
    それだけではなく性格も変わっていきます。
    草食系から肉食系へ。
    自己防衛から覇権主義へ。
    肉食を覚えていきます。
    戦い方を知らないでそろえた武装が、決して自分のためにならないことは、子どもたちの世界にも、大人の世界にも、国際情勢の間でも、想像すればいろいろと思い浮かぶことがあります。

    最後のシーンが、意味深長です。
    牙をつけた羊と、牙をつけたカモシカとの対峙。
    笑い話で済むのでしょうか。
    血みどろの憎み合いの前兆でしょうか。

    良く考えると、とても怖いお話です。

    掲載日:2012/04/09

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「きばのあるヒツジ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / はじめてのおつかい / こんとあき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / めっきらもっきらどおんどん / すてきな三にんぐみ / だるまさんが / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット