十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ぼくはいかない」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼくはいかない 作:柴田 愛子
絵:伊藤 秀男
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年04月
ISBN:9784591075975
評価スコア 4.8
評価ランキング 304
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自分の気持ちを言うこと

    自分の気持ちを言うことってとっても大事だと思うのです。
    誰かの言葉や、まわりの雰囲気に流されて自分の言葉を
    言えなかったとしたらそれは悲しいことだと思うのです。
    だからしんちゃんが、みんなが行くというペガススの家に
    「ぼくはいけない」と答えることができたのはすごいなって
    思います。いろいろ考えちゃうものね。「みんなにつきあい
    悪いって思われちゃうかな?」とか「弱虫だって思われちゃう
    かな?」とかね。
    せんせいのあいこさんもすばらしいなあ。
    「しんちゃんのきもちで きめていいんだから」って言って
    くれて。そういうどっしりとした大人が近くにいてくれると
    子どもは安心しますね。
    娘はどうかなあ。体操教室のスキー合宿(子どもだけ)に
    行くって言い張るようなタイプだから(大丈夫だって言っても
    夜は絶対泣くと思ったので私は反対したのですが。
    結局体調崩して行けなかったからどうなったかは謎のまま。笑)、
    しんちゃんのこの心の葛藤は理解できないかな?
    絵本を読むのを聴いていても、なにも言葉は出てこなかった
    ので、こういう葛藤というものがあるということ自体、まだ
    理解できていないのかもしれません。

    掲載日:2012/04/26

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼくはいかない」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット