ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ぼくはいかない」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼくはいかない 作:柴田 愛子
絵:伊藤 秀男
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年04月
ISBN:9784591075975
評価スコア 4.8
評価ランキング 304
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 息子のお泊りを思い出す

    確か小学二年生のゴールデンウィークだったと思います。この本にあるように子どもたちだけで泊り合宿をする旅に息子を行かせたことがあります。

    一人っ子だし、集団で子ども同士で過ごす経験をさせたいと思ってのことでした。

    この絵本のように子どもの気持ちを優先したわけではなくて、親の行かせたい気持ちを優先させて行かせたのです。

    二泊して楽しそうに帰ってきて来年も行きたいと話していたものの、次の年になったらやはり行かないと言います。

    この絵本を読んでいると、その時の子どもの気持ちってこんな風だったのかな?と思えて来ました。

    子育てをする中では、子どもの気持ちに添うというよりは、親のさせたいという気持ちが優先してしまう時があります。

    そんな時にはやはり親の気持ちよりは子どもの気持ちをまず丁寧に聞くことの方が断然大事だとは思うのですが、そうはできないこともあり、過ぎた時間の中で「あああの時はこうだったのだ」と反省することも出て来ます。

    息子はその体験もとうに忘れたように、お話を別のものとして切り離して読んでいましたが、私はどうしてもその時のことが思い出されてしまいました。

    子どもたちといつも身近に接していらっしゃる柴田さんらしいお話だと思いました。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼくはいかない」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット