このほんをなめちゃダメ! このほんをなめちゃダメ! このほんをなめちゃダメ!の試し読みができます!
文: イダン・ベン=バラク 絵: ジュリアン・フロスト 訳: 福本 友美子  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
読み聞かせに大人気! 顕微鏡で見たきもちわるーい写真と、 細菌のキャラクターが面白い!  手洗い習慣も身につく絵本。

いちねんせい」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

いちねんせい 詩:谷川 俊太郎
絵:和田 誠
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1987年12月
ISBN:9784097270126
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,696
みんなの声 総数 34
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 卒園前に読んであげたい

    谷川俊太郎さんの詩の絵本です。

    卒園前や入学したてのころに、ぜひ読んであげたいです。
    詩人の手にかかると、日常が、温かくてユーモアある豊かな言葉で綴られます。

    詩 というと国語のお勉強のように思われがちですが、こんな絵本だと、幼い子も、詩的な言葉にふれ、楽しめます。

    掲載日:2017/10/03

    参考になりました
    感謝
    2
  • ちょっと難しいかな

    いちねんせいって題名だったので、年長の子供にはちょうどいいかと思ったのですが、我が子にはイマイチでした。普通に読んでもダメなのでリズミカルにテンポよく歌のように読むとしっかり聞いてくれました。もう少し年齢が大きくなると、この良さにも気づいてくれるのかと思います。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちを表現すること

    先日、娘がとってもいい詩を書いていて、びっくりしたのです。
    どうして、こんな詩を書いたのかなあ?・・って。
    娘と一緒にこの絵本を読んでわかりました。
    おそらく谷川さんの言葉に影響を受けたのだと思う。
    娘は私が読むよりも先にこの絵本を何度か読んでいたので。

    一年生の気持ちにぴったりのたくさんの詩。
    なかでも「ぼく」という詩は、娘が書いた詩と同じ匂いが
    したのです。いいなあ。絵本って。こんな風に影響を受けることも
    あるのだなあ。
    そんな素敵な影響を受けた娘ですが、読んでいて何度も「また読んで」
    と言ってくる詩は「わるくち」と「あな」でした(笑)。
    子どもってこういうわけのわかんない言葉遊びみたいなものや
    「うんこさん」みたいな言葉が好きだものなあ。
    私から見た娘は「どうして?」そのものですけれど。
    娘が一年生になったら、たくさんたくさん、今よりもっともっと
    言葉や世界が広がるのだろうなあ。楽しみです。

    掲載日:2012/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 朗読してます

    何かと背伸びをしがちな5歳の長女。
    保育園に通っていて、今春から年長さんになるので、
    まだ小学校入学には1年以上もあるのですが、学校に
    憧れています。
    それだけに、「いちねんせい」というタイトルが
    ぐっときたようです。

    もともと谷川俊太郎さんの作品が好きなのですが、
    「すき」、「ともだち」に続いてこの詩集はことに
    彼女のお気に召したようで、朗々と、幾度も読み
    上げています。

    幼いころから、美しい日本語のリズムにふれるのは、
    とてもよいことだと想っています。

    掲載日:2009/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いちねんせい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / おおきなかぶ / おふろだいすき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



医学博士/脳科学者・加藤俊徳さん インタビュー

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット