しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

モーっていったのだあれ?」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

モーっていったのだあれ? 作:ハリエット・ツィーフェルト
絵:シムズ・ターバック
訳:はるみ こうへい
出版社:童話館出版
本体価格:\1,300+税
発行日:1998年11月
ISBN:9784887500044
評価スコア 4.07
評価ランキング 18,039
みんなの声 総数 40
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 仕掛けが面白い

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    1996年の作品。
    HarperCollins Children’s Booksとあったので、イギリスの作品なのでしょう。(ハーパーコリンズ社の児童書部門)
    原題は、Who Said Moo?

    物語は、あかいおんどりが朝、コケコッコー!と鳴いているシーンで始まります。
    すると、その日は、だれかがこたえたのです。
    「モー」って。
    それから、おんどりの「モー」ってこたえた動物探しが始まります。
    ブタ、犬、ロバ、猫、羊、そして最後が牛となるのですが、仕掛け絵本になっているので、かなり楽しめるはずです。

    それにしても、この原色の色合いは、日本の絵本では見かけない位、強烈なもの。
    絵のテイストも、かなり違う感じがします。
    それと、ロバの鳴き声。
    聞かれると答えに窮するのですが、「ヒー ホー!」って鳴くのですかね?

    この手の作品は数多いのですが、そのシンプルさと仕掛けの面白さから、イチオシの作品です。
    おんどりの驚く様は、一見の価値ある動きだと思います。

    掲載日:2011/12/13

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「モーっていったのだあれ?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおつかい / こんとあき / うずらちゃんのかくれんぼ / おひさま あはは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(40人)

絵本の評価(4.07)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット