あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…

はじめてのキャンプ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

はじめてのキャンプ 作・絵:林 明子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1984年06月
ISBN:9784834009729
評価スコア 4.8
評価ランキング 273
みんなの声 総数 78
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • キャンプの前後に

    1ページごとに描かれる挿絵と、ちょっとの文章が、なによりなほちゃんの気持ちを表しています。
    なほちゃんほどではないけれど、小さい頃からのキャンプ経験がある私としては、当時感じていたみずみずしい夏山の風や闇が、ありありと思い出されました。
    逆に経験のない子なら、「キャンプってどんなだろう」と期待感に満ちてくることでしょう。
    グループ行動の厳しさと温もりを、易しい言葉で描き出した珠玉のアウトドアストーリー。

    うちはキャンプの後に読みました。一人っ子なので、なほちゃんの気持ちはわかりづらかったようだけど、臨場感は味わってもらえたかなぁ?
    読んでもらうなら幼稚園から、自分で読むなら小学生からですかね。

    掲載日:2014/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見守る大切さ

    6歳長女に借りてきました。小さな女の子が大きなお兄ちゃん、お姉ちゃんとキャンプへいくお話です。がんばる女の子なほちゃん。応援してあげたくなります。

    なほちゃんが夜中にトイレに行きたくなるのですが、なほちゃん一人でトイレしに行くんです。私だったら行かせられるかなー。心配だしなーと思っていましたが、わざと一人で行かせたおばさん。見守ることの大切さを教えてもらいました。大人も読んでもらいたい1冊です。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がやっぱり素敵

    林明子さんの作品が大好きです。
    絵本は一通り読んだのですが、
    この作品は絵がシンプルなので
    いつもの繊細な、微妙な表情が少ないのかなと思っていました。
    でも、そんな杞憂は必要ありませんでした。
    やっぱりちいさな女の子の気持ちが
    ぐっとせまる絵とお話しです。
    娘も「ちっちゃいこ」なので
    「わたしも いく!」の気持ちがよくわかるようで
    がんばった なほちゃんにすっかり感情移入していたようです。

    掲載日:2012/01/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャンプに行きたくなります

    小さな女の子が、大好きなおばあさんと
    大きなお兄さんお姉さんに連れられて
    初めてのキャンプに挑戦するお話。

    女の子の頑張って背伸びしている
    姿がいじらしくて可愛いです。

    息子と娘は、本を読んだ後キャンプに
    行きたくなりました!

    でも、女の子のように一人で夜に
    テントの外におしっこに行くのは
    無理みたい。。。

    母もキャンプに行って、
    満点の星空を見たくなりました。

    掲載日:2011/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 成長

    なほちゃんはちいさい女の子。
    いくつくらいかな? 息子と同じ6歳だろうか・・・もうちょっと小さいかな・・・

    おおきい子供たちが行くキャンプについていけることになった なほちゃんの成長ぶりが感じられるお話。
    なほちゃんの芯の強さ、負けず嫌いなところにハラハラしました。
    怖いお話が苦手なところは、やっぱり小さな女の子らしかったなぁ。
    1泊のキャンプで色んなことを経験したなほちゃん 本当によく頑張ったと息子と拍手を送りました。

    キャンプに連れていってくれた ともこおばさん。
    私には真似できないけど、素敵な女性だと心惹かれました。

    掲載日:2011/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • できた!!

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、女の子6歳

    小さな女の子がお兄ちゃんやお姉ちゃんと一緒にキャンプをするお話です。
    泣かない、わがまま言わない、自分のことは自分で、
    などたくさんの約束の下、小さななほチャンは頑張りました。
    うちの子供たちのいいお手本になってくれたようです。
    よる、一人でトイレは私でも怖いのに、
    一人で行けたなほちゃん!私はそこを一番ほめてあげたいですね。

    家族で行くキャンプもいいけど、
    お友達同士で行くキャンプならいろんな自信もできて
    ますます成長できそうです。

    掲載日:2009/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏休みに読むとちょうど良さそうな

    前から気になっていた本です。主人公が女の子なので息子にはどうかな?と思っていましたが、興味を持って聞いていました。

    キャンプに行きたいけれど、大きな子たちからは小さいから無理と言われてしまうなほちゃん。みんなができないと決めつけたことをすべてできると言ってしまいます。

    なおちゃんが大きな枯れ木をひきずってくるところは、ロッタちゃんを連想してしまいました。

    ロッタちゃんもなほちゃんも有言実行型なのですね。

    ちょっぴり背伸びしてうんと頑張っているなほちゃんの姿が微笑ましかったです。

    夏休みに読むとちょうど良さそうな内容だと思いました。

    掲載日:2008/10/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はじめてのキャンプ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



幻の絵本「とのさまサンタ」の続編!

みんなの声(78人)

絵本の評価(4.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット