雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

はじめてのキャンプ」 大人が読んだ みんなの声

はじめてのキャンプ 作・絵:林 明子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1984年06月
ISBN:9784834009729
評価スコア 4.8
評価ランキング 273
みんなの声 総数 78
「はじめてのキャンプ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なほちゃん、頑張りました!

    便利になったこの頃では、やっぱりキャンプ場の夜のトイレには、大人の私でも気になり、なほちゃんが一人でよく行ったなあと感心しました。どうもそのことばかりが気になってしまいまいた。大きいおにいちゃんやおねえちゃんに混じっての行動にもせいいっぱい背伸びして頑張ったんだと思いました。そんな経験をやっぱり孫たちのも経験をさせたいなあと羨ましく読みました。

    掲載日:2016/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもの成長を見守りたい。

    林明子さんの絵本を探していて
    見つけました。
    少し分厚く 絵本というより
    幼年童話っていうんでしょうか。

    なほちゃんという
    ちっちゃい女の子が
    大きいこどもたちと一緒にキャンプに参加したい!

    不安だけれどついていってみたい!という
    子どもの心が描かれています。

    4歳から〜とあるので、
    私の孫にもそろそろ
    こういう絵本もいいなぁ。。と思います。

    読み聞かせのお話がきちんと聞ける、
    主人公に共感する、
    また読んでみたくなる、
    子供の成長に向けて
    読んであげたいと思いました。

    おばあさんの私も
    1人で読んでみて
    子どもの頃の気持ちを
    なつかしく思い出しました。

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • はじめてのキャンプ!

    • なぁちさん
    • 20代
    • その他の方
    • 東京都

    私が子どものころから大好きなお話しでした。
    大人になり改めて読むと、子どものころ読んでいた情景を感じました。
    絵が素敵で、更に色使いが面白いと思います!

    特に私はキャンプファイヤーや、花火の火を付けているところ、流れ星を見つけた場面などが大好きです(*^^*)

    なほちゃんの成長も見どころです!

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 協力して過ごす

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子10歳、男の子7歳

    題名通り初めてのキャンプの様子が、シンプルに描かれています。

    大きい子も小さい子も、親と離れてお泊りするのは心細いものだと思います。
    そこに、小さな子がまぎれていたらそれはもう大変・・
    それでも協力して過ごす姿がけながでいいですね。
    子供のキャンプをのぞき見したような気持ちになりました。

    キャンプ前の読み聞かせにいいと思います。

    掲載日:2011/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばりやさん

    林明子さんの絵本が大好きです。
    もっと言葉が多いのかなと思いましたが
    とっても読みやすいです。

    小さな子が上の子みたいに追いつきたいって
    思うのは自然ですよね。
    とっても頑張り屋さんなんです。
    重たい荷物がもてなくて助けるのは大人ではなく
    大きなお姉ちゃんです。
    それがまた、勇気づけるし
    一緒という気持ちが芽生えていいな。

    掲載日:2011/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきな経験

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    なほちゃんは、近所のおばさんの所に遊びにいきました。そこには、なほちゃんよりも大きな子どもたちが集まって、キャンプの計画を立てていました。
    なほちゃんも、キャンプに行くと言いました。
    「小さい子は、思い荷物を持って歩けない。」
    「小さい子はすぐ泣く。」
    「小さい子は、ごはんをたくまきを集められない。」
    などと言われ、みんなは反対。
    でも、なほちゃんはついていくのです。

    どうなることかと思えば、一生懸命頑張るなほちゃんの姿に、ビックリでした。
    なほちゃんだけだけなく、周りの子どもたち、また、おばさんの対応に、なほちゃんが育てられている様子がよくわかりました。
    ひとつずつクリアしていく様子、何ともいえませんでした。
    決して甘やかさない。でも、見守る目があるという、子どもを育てる大事な要素が詰まっているようでした。
    これから、夏本番、この夏、子どもたちを大きく育てる手段、こんなキャンプを計画してはどうでしょう?

    掲載日:2009/07/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はじめてのキャンプ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(78人)

絵本の評価(4.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット