ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版) ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版) ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版)の試し読みができます!
文: マージョリー・W・シャーマット 絵: マーク・シーモント 訳: 光吉 夏弥  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
レビューコンテスト開催中、たくさんのレビューお待ちしてます!

スイミー 小さなかしこいさかなのはなし」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

スイミー 小さなかしこいさかなのはなし 作:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1986年08月
ISBN:9784769020011
評価スコア 4.77
評価ランキング 505
みんなの声 総数 204
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 改めて読むといいお話

    • うさうさこさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子7歳、女の子4歳

    私が小学生の時の教科書にのっていました。
    小学生時代のたくさんのお話がのってる教科書の中でも、すぐに思い出せるお話の1,2位を争うくらい印象が残っているお話です。

    小学生の頃は、あまり深く考えずに、みんなで大きな魚になったところで怖い魚から本当に逃げられるんだろうかなど、そんな単純な考えでフムフムと読んだ気がします。

    でも、大人になってから読むと、感じ方って変わるものですね。
    1匹だけ黒い魚が仲間が食べられてしまうことで考えて考えて、勇気を出して自分が目になって大きな魚になって立ち向かう姿。
    感動します。

    だからこそ、小学生の子供たちに読んでほしくて教科書になったのかなと思いました。

    掲載日:2013/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 芸術的作品です♪

    もうすぐ、近くで始まる『レオ・レオニ展』へ行く前に、
    ちょっと予習を…と考えて選んでみました。

    読み始めてすぐに、息子がスイミーの世界へ吸い込まれていくのがわかりました。
     美しい海の世界で 小さなスイミーが仲間を失ってから成長していく様は、6歳の息子が言葉では表現できなようような、何か特別な感覚を与えた気がします。なんと言うか…息子の心の引き出しが一つ増えたようの感じです。 

     何より、見事な色遣いの絵に、素晴らしい言葉の表現。
    読み進めながら、さすが、レオ・レオニ作の谷川俊太郎訳!! やっぱり絵本は子供の為の 美術であり芸術だなぁ と再認させられた作品です。

    読み終えて『レオ・レオニ展』行きたい?と聞いてみたら、
    「行きたーい」と大喜び、ベットの中でも、「スイミー」あるかなぁ?
    ととても楽しみにしてました♪ 

    掲載日:2012/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲間と協力する素晴らしさ

    この絵本は、仲間と協力する事の素敵さが印象に残っています。

    一匹一匹は小さなさかなでも、一緒に集まれば、大きな魚に対抗する事が出来る。
    そんな事が、レオ=レオニさんの素敵な絵で表現されていて、何度も読み返したくなる絵本です。

    我が家の息子には、まだこの絵本の深さには届かないようですが、何年も、何度も読み返し、息子なりに感じて欲しいと思いました。

    掲載日:2011/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人になって読んでみると

    私も小学校の教科書で習ったスイミー。
    私自身懐かしく読みました。

    協力し合うことの大切さを伝えるお話。
    当時、自分が読んだ時には、小さい魚たちがたくさん集まって大きな魚になるのが単純に面白くて、その場面はやはり一番頭に残っています。

    読み返してみると、兄弟たちが大きな魚に食べられてしまって、悲しみに沈んんでいたスイミーが、それでも前向きに日々生きていくたくましい姿が印象的でした。
    子供の時と今ではまた違った感じ方ができました。

    年長さんの娘も最初から最後まで真剣に聞き入っていました。
    版画のような画法にも興味を持ったようです。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供にもわかりやすい

    レオ・レオニさんの作品は、大人でも解釈が難しい場合がありますが、こちらは子供でもわかりやすいお話でした。
    スイミーの勇気や、協力することなど、子供達への良いメッセージになりそうですね。

    小さな魚のかわいらしさ、海の世界の美しさが、レオニさんの絵で素晴らしく表現されています。
    各作品で、違った手法を取り入れているので、絵を見ることが楽しみです。

    小学校の教科書にも載っているのですね。
    私が使った教科書にはなかったのですが、娘達の教科書で読めるのかなと楽しみです。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲間達の気持ち

    保育園で娘が誰かの着替え入れでスイミーの袋を
    持ってきていたのを見つけてジャンプして喜んでいました。

    スイミーは娘にとってそこまでの存在になっていたのかと
    温かい気持ちになりました。

    スイミーを読み聞かせている時子供は、スイミーが自分の
    居場所・役割を見つけてたくましく仲間とともに生きてゆく
    姿にとても喜んでいました。一人仲間はずれの様なスイミーの
    容姿を同情しての事だと思います。

    スイミーの気持ちはいつも個性が強すぎて?感覚が違って
    努力しても周りに順応出来ない自分にはとてもよく分かりました。

    ですが、あるときふとスイミーを囲む赤い仲間たちの姿に
    目がいきました。作者だったら仲間達・その他大勢の気持ちを
    どう描くのだろう。誇らしく思っているのだろうか?
    それともみんなの目となって生きるスイミーの様になりたいと
    思うのかな。そんなお話も読んでみたかったと考えるきっかけを
    与えてくれた絵本でした。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • レオニの美しい表現技法

    美術を学んでいた学生時代に、講義で取り上げられ、読んだのが最初でした。

    子供の絵本として有名ですが、レオ・レオニの絵描きとしての技法、美しい色彩などを、大人の方が楽しめます。
     
    私にとって、何度もめくりたくなる本というのは、こういう本かな。
    とーっても素敵な色彩、表現ですね。
     
    この本に関しては、子供よりも自分の方が 楽しんでいるように思います。 
    レオニの絵本の中で、一番好きな一冊です。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「スイミー 小さなかしこいさかなのはなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / エルマーのぼうけん / エルマーとりゅう / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



主人公「ドーム」が自分のことばで語り伝える物語絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット