だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

うえへまいりまぁす」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

うえへまいりまぁす 作・絵:長谷川 義史
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2003年02月
ISBN:9784569683690
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,321
みんなの声 総数 90
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読み手と聞き手のコラボとして

    • たぽたぁぽさん
    • 40代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    読み聞かせをはじめたばかりのころ、
    迷ったときは、長谷川義史さん!
    と言っていいほど、
    わたしにとって長谷川義史さんの絵本は、
    なくてはならない存在でした。

    理由は・・・いたってシンプル。
    子どもたちは長谷川さんのおはなしが大好きだからです。

    大勢の子どもたちを前に緊張したときも、
    長谷川さんの絵本の力でなんとかなりました。

    「うえへまいりまぁす」の魅力のひとつは、
    エレベーターガールの存在です。

    白い手袋をはめて、
    実際にエレベーターガールの所作を披露すると、
    子どもたちはとっても喜び、真似をします。

    子どもたちの誰かにエレベーターガールを演じてもらい、
    読み聞かせをすると楽しさ倍増、すごく盛り上がります。

    読み手と聞き手のコラボとしても活用できる
    おすすめの1冊です。

    掲載日:2015/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • どこまでいくの〜?!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子3歳

    7歳の息子と読みました。

    息子はエレベーターガールを知らなかった模様。

    まず、「昔?のデパートにはね、」とエレガの存在を説明し、
    マネなんかしてみせたりして、
    いよいよ本編突入です。

    どんどん階を増すごとに、
    いろんなものを買い物する主人公一家。
    お母さんが水着姿になってたり、
    主人公が買った車に乗ってたり、
    息子はそのたびにゲラゲラと笑っていました。

    もう、いろんなところにいきすぎて、
    いろんな買い物しすぎて、
    エレベーター耐荷重いっぱいいっぱい!

    と思ったら、やっぱり、
    「ブーッ」

    ここでもまた、「エレベーターはね、いっぱいになるとね、」と説明。

    最後は無事に一回まで降りてこれてよかったけど、
    どこまで行ってしまうのか、ちょっとハラハラした一冊でした。

    掲載日:2014/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • えっと驚いて、大笑い

    エレベーターガールの「うえへ まいりまあす」で、お話が進んでいくのですね。
    どんなにおかしな状況になっても、すました顔で「うえへ まいりまあす」なので、ぼくたち家族よりもおかしかったです。
    もちろん、この家族も笑えますよー。
    「えっ日栗」と驚くような状況で、笑えます。

    掲載日:2012/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
    • 海猿さん
    • 30代
    • その他の方
    • 京都府
    • 男の子7歳、男の子4歳

    長谷川さん作品は親子共々大好きです。
    この作品は文章が少ないが、絵を楽しめました。とても細かく書かれていて読みながら会話が弾みました。

    1年生の読み聞かせに読んだら大ウケで、買った物を持ってエレベーターに乗っているのがツボでした。

    掲載日:2012/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最高!!

    表紙をめくると、いきなりデパートの
    「あっちこっちうまいもん市」のチラシ。

    デパートへ お買いものに行った 一家。

    なぜか、各階で購入したものを身につけて、
    エレベーターを上がっていきます。

    45階は、お相撲売り場。91階は忍者売り場。・・・
    まだまだ、あります。

    最後は買いすぎて、エレベーターに乗りきらず、
    「買いすぎにはご注意ください。」のアナウンス。

    最初から最後まで、面白すぎる。
    さすが、長谷川さんの作品です。裏切りません。

    掲載日:2011/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいお買い物

     今日は,家族でデパートでお買い物。
     2階婦人服売場,5階紳士服売場・・・と初めは普通のデパートと思っていたら,45階は「お相撲売場」と次第に変なものばかり売っている階になります。

     さすが長谷川さんの絵本。デパートの売場の様子が,とても面白い!普通のおもちゃ売場でも,楽しいおもちゃがいっぱいで,後で読み返して,ニヤリと笑ってしまいます。

     そして,エレベータでの家族のすました様子が笑えます。相当変なかっこをしているのに,そのギャップが面白い!(よく考えると,誰しもエレベーターの中では,無口ですました顔になってしまいますものね。)
     楽しさ満載の絵本です。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  •  お父さん、お母さん、ぼくの三人家族がデパートに買い物に行きます。エレベーターに乗り、それぞれ買い物をします。
     「おすもううりば」や「かみさまうりば」など、普通にはない売り場もあり、そこに売られているものをよく見ると面白い商品がいっぱい。
     表紙を開けたところにも、楽しい商品がいっぱいあるので、見逃さないでくださいね。
     エレベーターガールになったつもりで、読み聞かせをすると楽しさも倍になります。

    掲載日:2011/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 背景まで必見! 笑い満載★

    背景まで細かく見ていくことができる年齢の子の方が、十分に楽しめるのではないかと思います。
    5、6歳頃〜かな? 小学生は是非!

    デパートの売り物が背景にも細かく描かれていて、それが一つ一つユニーク!笑ってしまうものが多いのです。
    細かく見て楽しまないともったいない!

    表紙裏までもたくさん売り物が紹介されていますよ。
    長谷川ワールドが存分に楽しめる絵本です。

    息子。何度も見入っています。
    「自由の女神って何?」など、いろんな売り物について聞いてきました。
    「フォークの神様って何?」にはまいった・・・。(笑)

    私。不安げな表情のお母さんの変身っぷりが一番ツボに入りました。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 定番!

    • みちゃかずさん
    • 40代
    • ママ
    • 奈良県
    • 男の子10歳、女の子7歳

    娘のために買った本です。
    「ちーん」というエレベーターの音がワクワク感を
    そそるらしくめちゃお気に入りの1冊に・・・

    あんまり好評なので
    小学校の読み聞かせボランティアで読んでみました。
    色んな教室に持っていって読んでいますが
    6年生のクラスでも大好評でした。

    長谷川ワールド満載なので
    色んな隠し技を発見するのも楽しいですよ!!

    掲載日:2009/07/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「うえへまいりまぁす」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぐりとぐら / まどから おくりもの / ぼちぼちいこか / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

全ページためしよみ
年齢別絵本セット