もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

チャボのオッカサン」 11歳のお子さんに読んだ みんなの声

チャボのオッカサン 作・絵:ボブ・グラハム
訳:まつかわ まゆみ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年06月
ISBN:9784566006744
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,630
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

11歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ラストに向かうほど笑いのボルテージが…

     『いぬが、かいた〜い!』がとっても良かったので、この作品を探して読みました。

     まだハイハイしてる女の子ケティ一家が、近くへハイキングのようです。
     湖の中で溺れているチャボを発見。
     パパが見事な救出。
     おうちへ連れて帰ってきて、名前もつけちゃって…。
     
     “ふつうなら おはなしは これで おしまい……でも、おわらなかったんです。”
     このフレーズが何度か出てきて、笑いながら次なるお話の展開にワクワクして読みました。
     
     オッカサンとネーミングされたチャボは、犬のブルーノの寝床のバスケットが気に入って、ブルーノはちょっと我慢。
     でも、オッカッサンにも家族がいるはずと、チャボの飼い主を捜し返す事になりました。
     ところが、返したはずのオッカサンが、毎朝ブルーノのバスケットに…。

     オッカサンが特別可愛らしく描かれているわけでもないのに、なんか可愛い。
     チャボの足では遠路といえる距離をわざわざやってくるあたりが、息子に随分うけていました。
     人(犬?)の良さそうなブルーノのヌーボーとした雰囲気も好きです。

     ラストに向かうほど笑いのボルテージが上がっていくストーリーです。
     最後の最後のおちにも、見返し後ろの絵にも笑いがこぼれてしまいます。
     ラストの一文には、次回作をおもわず期待してしまった私です。

    掲載日:2010/02/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「チャボのオッカサン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット