まるまるまるのほん まるまるまるのほん まるまるまるのほんの試し読みができます!
作・絵: エルヴェ・テュレ 訳: 谷川 俊太郎  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「きいろいまるを おして つぎへ いこう」言葉に導かれて、ページをめくっていくと・・・? フランス発・ポップな色づかいがオシャレな絵本です。
なーお00さん 30代・その他の方

大人でも楽しい!
こんな絵本、見たことない! 大人の私…

あたまにつまった石ころが」 大人が読んだ みんなの声

あたまにつまった石ころが 作:キャロル・オーティス・ハースト
絵:ジェイムズ・スティーブンソン
訳:千葉 茂樹
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2002年07月
ISBN:9784895726306
評価スコア 4.87
評価ランキング 43
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 作者のお父さんは石や鉱物をこよなく愛し、「学び」 博物館の鉱物学部長になります。 作者は、父ほど幸福な人生を送った人を、私は他に知りません。

    後書きに感動しました!
     
    自分のお父さんをこんな最高のほめ言葉で語れるんですもの!

    誰でも 好きな物を集めることはあります。 切手、人形、 空き瓶

    タイトルの「あたまにつまった石ころが」どんなお話かな?  興味がありました。
    石の好きな男の子 お父さんは「石ころじゃあ、金にならんぞ」でもお父さんも偉い! 彼を認めてあげている、ガソリンスタンドを経営する傍らも 石のことは一番、石を陳列してね

    でも 人間の中には 石に興味のある人がいるのですね。
    同じ物に興味もてる人に出会ったら、親近感わきますよね!

    世界大恐慌の時も乗り越えて! とうとう博物館の専門家として認めてもらえた

    すごいな〜  好きなものをこれほどまでに愛し 極める、大学にも行ってなくても  石に関しては 学んでいる
     
    「あたまのなかと ポケットが石でいっぱいの人だって」(彼を認めてくれたジョンソンさんはすごい!)

    この言葉もしゃれているな〜

    人の良さを認めて、最高のほめ言葉ですね!

    私は石のことはあまり詳しく分かりませんが この絵本は子供たちに読んであげたい!

     子供の中には 石に興味がある子もいるかもしれませんから・・・・

    掲載日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 幸福なひと

    誰に何と言われようと好きな石のことにとことん打ち込み、ついには博物館の館長に就任する男性の話。
    作者の父親の実話だそうです。

    時代の流れのせいもあってか、職業が不安定な中、石のためならどんなことも乗り越えていく主人公。
    波乱万丈な人生だったことが想像されますが、この絵本では、苦労話という印象はなく、淡々とした明るさを感じました。
    やわらかい色調の絵の効果でしょうか。そのあたりも好感をもちました。

    「父ほど幸福な人生を送った人を、わたしはほかに知りません」
    とは作者のあとがき。
    ここまで一途に情熱を向けられるものがあって、実の娘にこんな風に思われ、こんな素敵な絵本も生み出された。
    まさにこの主人公は幸福な人ですね!

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 皆に皮肉られながらも、石を集め続けたお父さん。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    最後には、博物館から肩書きを頂くまでになりました。好きな事が仕事になるという事ほど幸せな事はありませんよね。それを見事に体現してくれたお父さん。お父さんの根底には、学ぶという事に対する探究心が常にあり、それがそのような結果を導いたのでしょうね。

    掲載日:2014/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢中になること

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子3歳

    娘も石が大好きで、散歩の途中に拾っては、ずっと握り締めたまま家まで持って帰ったりします。

    何かに興味を持って集めること、
    誰もが一度は経験するのではないでしょうか。
    この本を読むと、何かに夢中になり、いろいろなことを調べたり学んだりすることが、将来きっと何かの役に立つような気がしてきます。
    それが今は何の役にも立たないだろうと思うものでも。

    たとえ知識を活かす機会が訪れなくても、それまでの頑張り、努力は、きっと何かに活かされる。
    そう思いました。

    掲載日:2009/08/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あたまにつまった石ころが」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぴょーん / ぼちぼちいこか / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.87)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット