ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

いたずらコヨーテキュウ」 大人が読んだ みんなの声

いたずらコヨーテキュウ 作・絵:どい かや
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1999年01月
ISBN:9784892387135
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,665
みんなの声 総数 17
「いたずらコヨーテキュウ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • コヨーテとハイエナ

     ストーリーはシンプルでわかりやすいです。でもコヨーテとか、ハイエナとかちょっとめずらしい動物がでてくるのが、おもしろかったです。
     
     いたずらっこのキュウ、ついに自分が痛い目にあってしまいます。
     思いがけず助けてしまったロクが、キュウに抱きつかれて、とまどっている顔がほほえましいです。
     ロクとキュウは、食事をしながらどんな話をしたのかな、とほのぼのした気持ちになりました。

     モノトーンの絵が、あたたかく見えました。

    掲載日:2012/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • どいかやさんの作品

    私自身がどいかやさんの作品のファンなのでこの絵本を選びました。いつも感じる事なのですが、どいさんは紙にこだわりを持った作家さんだと思いました。自分の描く絵にどんな紙を合わせたら自分の作品が生きるのか心得ていらっしゃる気がしました。本を読むとき必ずページをめくるので紙の質感というのはとても大切だと私は思うのです。主人公を見ているうちに以前にいたずらをしても心を入れ替えれば人は変われるのだなと思いました。最後に友達になった二人が一緒に食卓をともにするところが幸せが流れていました。幸せな結末に嬉しくなりました。

    掲載日:2008/06/11

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いたずらコヨーテキュウ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / からすのパンやさん / うずらちゃんのかくれんぼ / おおきなかぶ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット