おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

木を植えた男」 11歳のお子さんに読んだ みんなの声

木を植えた男 作:ジャン・ジオノ
絵:フレデリック・バック
訳:寺岡 襄
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1989年12月
ISBN:9784751514313
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,106
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

11歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 崇高なドラマ

    南フランスのプロヴァンスの、人も離れていくような荒野で淡々と木を植え続けた男の物語。
    失敗しても、失敗しても、黙々と作業を繰り返す男。
    家族を失って孤独な境遇と男の生き様が、とても壮大なドラマを展開しています。
    その地で男と出会った青年には、その行為がとても崇高なものに思えました。
    第1次世界大戦で戦場に出た青年が、戦後心をいやすために再び訪れたその土地には、カシワの木が育ち始めていました。
    緑化されていく土地は人々を魅了したり、伐採されたり、時代や社会に荒く扱われますが、男は黙々と木を植え続けます。
    エルゼアール・ブフィエ氏の生き様は孤独であるだけに、一つの信仰のようにも思えます。
    現在では緑あふれる場所となったプロヴァンス。
    バック・フレデリックの絵からは土の匂いがするようです。
    骨太で渋い絵本。
    じわりじわりと心に響いてきます。

    掲載日:2011/10/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • “あきらめない。”って、心が強いこと

     一人の若者が、フランスプロバンス地方の山深い地域に足を踏み入れ、出会った男の話。
     若者と男(エルゼアール・ブフィエ)の出会いから、34年間にわたる話です。

     厳しい環境に人間社会も荒廃し、自然も瀕死状態の中に男は住んでいた。
     家族を失い世間から身をひいて、孤独の世界へ。
    ゆっくり歩む人生に、喜びを見いだしていた。
     
     しかし、ここからが彼の人格をうかがわせる行動。
     
     ただのんびりと過ごすより、何か為になる仕事をしたい。
     木のない土地に良き伴侶をと考え、不毛の地に生命の種を植え付ける事を決意。
     気の遠くなるような作業を黙々とおこなう男(エルゼアール・ブフィエ)。

     無口な男の手と魂が、なんの技巧も凝らさずに、長い年月をかけ、作り上げたこの神の御業にも等しい偉業。 
     
     魂の偉大さのかげに潜む、不屈の精神。
     心の寛大さのかげに潜む、弛まない情熱。
     これらがあって、すばらしい結果がもたらされる。
     
     という、結びの文に感動してしまいました。
     
     色を失った世界の描写から、巻末に向かい明るいトーンの色が増えていき、生気と安らぎを取り戻した様子が美しい。
     圧倒される内容を臨場感たっぷりに、読者に伝えてくれる素晴らしい絵でした。
     
     “名誉も報酬ももとめない、おくゆかしい行いは後の世の人びとにあまねく恵みをほどこすもの。”
     
     という巻頭の文が、読後心にしみいります。
     
     「“あきらめない。”って、心が強くないとできないね。」と、息子がポツリ。
     一週間程連夜、読んでいました。

    掲載日:2009/10/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「木を植えた男」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット