ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

おばけかぞくのいちにち」 大人が読んだ みんなの声

おばけかぞくのいちにち 作・絵:西平 あかね
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2006年07月
ISBN:9784834022094
評価スコア 4.58
評価ランキング 3,812
みんなの声 総数 113
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おばけの素敵な一日

    さくぴーとたろぽうのおばけの姉弟。
    人間のさきちゃんとたろう。
    2組の姉弟が同じページに描かれていて、とてもユニークな絵本だと思いました。
    こちらも妹のおすすめだったのですが、5歳のおいっこはもちろん大好き1歳8カ月の娘には長かったので無理でした。でも大人の私でも楽しめました。
    おかあさんが買い物に行くんですけど「うそつきばなな」や「おしゃべりいわし」と並んで「こんにゃく」があるのがちょっとうけました。
    こんにゃくは、確かにお化けも食べてそう。
    とっても良い一冊でした。

    掲載日:2012/06/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • おばけのじかん
    夜になると小さい子ども達はおばけの時間   早く寝なさいとおかあさん お父さんに言われます

    おばけのさくぴーとたろぼうのかぞくでは やっぱり おばけの ほいくえんがあるんですね〜

    おばけの家族の生活ぶりが 楽しめます
    やっぱり おばけも 生きるためには 忙しく働いている様子が 人間の生活と同じで共感できるのが不思議です
    おばけ保育園もリアルで たのしい
    たろぼうに足が生えてきたのが 笑えましたが・・・・

    かわいいおばけのお話ですね

    掲載日:2015/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけのせんせい

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     そうか、おばけは人間と正反対の時間に活動、いや
    何て言うか幽動?しているのかと、感心しました。
    では私も、それに近いですねぇ…、足がなくなるかな?
     見返しの地図に興味を持ちました。
    おばけさん一家は、墓地には住んでいないんですねぇ、
    墓地のそばの大木ですか…、これからは掌を合わせましょう。
    保育園を共用しているところが、おもしろいですね。
    おばけのせんせいの仕事、とても興味がありますよ、
    お父さんのが「人間をおどろかせること」でしたからね。
     さて、そろそろ寝ますか。ヒュードロドロ
    感謝

    掲載日:2015/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 早く寝ないとおばけがくるよ、っていうのは、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    ここからきてるのか!と妙に納得してしまいました。やはりこちらも、人間の生活もおばけの生活もそうそう違わないよ、といった描き方をしています。たろぽーから足が生えてきちゃってるのは可愛かったですね。でも、おしっこで溶けちゃうっていうのも。笑

    掲載日:2014/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像がふくらみます

    おばけの絵本はたくさんありますが、この絵本はおばけと人間の家族の暮らしを対比させていておもしろいです。
    家族構成も同じで、人間もおばけも子どもは同じ保育園へ行っています。
    違うのは人間は昼間、おばけは夜に行くのです。
    お父さんも仕事へ行きます。おばけのおとうさんの仕事は人間を驚かすこと。
    お母さんは家事をします。お買い物はおばけマートでします。
    面白いものばかり売っています。
    おばけも食事をするんですね。

    自分たちと違った生活するものたちがいるんですね。
    いろんな地方や外国の風習が違うのと同じです。

    掲載日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけを身近に感じます。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    さきちゃんとたろう君が、寝る前、おかあさんにおばけのお話をしてもらっています。その頃、おばけのさくぴーとたろぽうは、おばけの保育園に行く準備をしています。
    おばけは、昼夜逆転の生活をして、人間と同じように、おとうさんも仕事に出ているというところ、なかなか面白いと思いました。また、おばけのおかあさん、子どもたちを寝かしつける時の、「早く寝ないと、足がはえて人間になっちゃうよ。」のひと言には思わず笑ってしまいました。
    本当は怖いおばけの存在が、なんだかとっても身近に感じてしまう、愉快なお話です。
    好奇心旺盛の子どもの中には、夜寝ないで、おばけの世界をのぞいてみようなんて、思うかもしれませんね。

    掲載日:2009/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトルが気になった!

    • 15さん
    • 20代
    • その他の方
    • 京都府

     書店で平積みされていたのですが、表紙を見て思わず手に取りました。
     読んでみると、とってもほほえましいお話。
     
     起きてから寝るまでの一日のおばけの生活を知ることができます。
     おばけの仕事や、今日の献立、けんかの内容まで(^^)

     細かいところまでいろいろ描かれていて、じっくり読んでると大人も楽しめます。

    掲載日:2009/05/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おばけかぞくのいちにち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / バムとケロのおかいもの / おまえ うまそうだな / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット