あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。

ねむいねむいねずみはおなかがすいた」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ねむいねむいねずみはおなかがすいた 作・絵:ささき まき
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,068+税
発行日:1982年
ISBN:9784569586274
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,258
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 冒険

    旅をするのは楽しいと思いますが、

    お腹が空いていては困りすよね。

    ねずみくんのお腹がふくれるまで、お話は

    進みますが、食べたきのこの色が

    独特すぎて、少し驚きました。

    このシリーズは大好きなので、他のも読みたいです。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヘビに注意

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、女の子6歳

    おなかのすいたねずみが森で食べ物を探すお話です。
    どんぐりを見つけて下に落とした先にはヘビがいたり、
    おなかが空きすぎて自分の尻尾を間違えてかじっちゃったり。
    とにかく空腹感が絵から伝わってきました。
    きのこを見つけたときには辞典で食べられるかを調べる慎重さ!
    さすがです。

    眠いねずみのシリーズはホンワリとしていて
    ユーモラスなので子供たちも大好きな1冊です。

    掲載日:2009/11/11

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねむいねむいねずみはおなかがすいた」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / ぐりとぐら / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット