あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。

ピンポーン」 大人が読んだ みんなの声

ピンポーン 文:中川 ひろたか
絵:荒井 良二
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2000年
ISBN:9784032276602
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,148
みんなの声 総数 58
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ワクワクする絵本

    「ピンポーン」と玄関の呼び鈴が鳴って、荷物が届きます。
    シルエットだけが描かれていて、誰かな?と予想するのが楽しい絵本です。
    ごく当たり前の日常が小さい子にとっては、こんなふうに絵本で楽しめるのかぁと感心させられました。とってもおすすめです。

    掲載日:2017/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「おまたせー」は誰でしょ!?

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    呼び鈴ですね?
    食パンにバターみたいで
    かわいい(^^ゞ

    コサージュの作品で
    とてもかわいらしい

    思わず探して
    指で押してしまいますね

    で、予想しても
    当たりません

    最後は・・・

    梅雨の頃にいいですかね

    掲載日:2011/08/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • お客さま

    「ピンポーン」と誰かがお家へやってくるお話です。

    玄関に映ったシルエットから、どんなお客さんが来たのか想像するのが楽しい絵本でした。
    「ピンポーン」「はーい、どちらさまですか」という言葉の繰り返しも乳児さんにはワクワクしてしまうのではないでしょうか。

    日々の生活の中の一部分の出来事を取り上げているのが、この絵本の良い所だと思います。

    実際に「ピンポーン」が鳴るのが楽しみになってしまうオススメの一冊です☆

    掲載日:2008/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • わくわくな次のページ

    • PDさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子8歳

    荒井良二先生の絵がお話にぴったりですね!
    ピンポーンって誰かやってくるのが、子供って本当に大好き。
    うちの子はちょっともうこの本からは卒業みたいで、あまり関心を示しませんでしたが、それでも「ピンポーン」はいまだに好き。
    シンプルな内容だけど、子供のツボをついた絵本だと思いました。

    掲載日:2008/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ピンポーン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / からすのパンやさん / どうぞのいす / だるまさんが / ねずみさんのながいパン / はらぺこあおむし / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



寝かしつけに最適な水中絵本

みんなの声(58人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット