おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

さよなら さんかく」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

さよなら さんかく 作:わかやま けん
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1977年03月
ISBN:9784772100526
評価スコア 4.49
評価ランキング 6,979
みんなの声 総数 126
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 1冊読むと大満足☆

    • みちゃママさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子1歳、女の子0歳、

    こぐまちゃんシリーズ大好きです☆

    この本は、リズミカルに形や色が沢山登場します。1歳8ヶ月の息子はイラストをみながら図鑑の様に物当てクイズ状態。まだ関連づいてるかは分かりませんが、楽しそうにページをめくっています。

    それにしてもこの本は読み応えがありますよ!他のこぐまちゃんシリーズに慣れていたせいか、ペースの違いに驚きました。読んでも読んでも終わらず、「まだあるの?!」と。思わずページ数を数え比べてしまいました!満足感たっぷりの1冊です。

    知育に生かせそうです。いつか購入したい本ですね。

    掲載日:2012/08/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • リズムが楽しい♪寝かしつけにも

    こぐまちゃんシリーズは、どうぶつえん・みずあそび・ホットケーキの3冊を持っていました。
    この3冊は私が子どもの頃からあったものを母から譲り受けたので、私も息子のためにこぐまちゃんシリーズを買ってあげようと思って選んだのがこの本です。
    まだ一歳の息子にもわかりやすくて楽しめるかな?と思い選びました。

    さよならさんかく♪とリズミカルに読み始めても、最初は興味を示さなかった息子。
    少し残念に思っていたら、キリンが出てくる黄色のページに突然興味津々に!
    この本を置いておくと、いつも自分でこのページを開いてはキリンを指差しています。

    キリンのページに興味を持ってからは、この本がすっかりお気に入りになったようで、何度も読んであげています。

    形・色・ものの名前の勉強になるので、これからもたくさん読んであげたいと思います。

    少し低めの声でゆっくりめに、呪文を唱えるように(笑)この本のフレーズを繰り返していると眠くなるようで、寝かしつけにも一役かっています♪

    掲載日:2016/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけ

    「さよなら さんかく」で始まって、どんどんつながっていきます。
    色に注目したり、形に注目したりと、たくさんの見方ができそうだと思いました。

    面白かったのは、オバケの登場です。
    「こぐまちゃん」シリーズは、ほとんど読んでいると思いますが、オバケのような空想のものが登場するのは、初めてではないでしょうか?
    かわいらしいオバケでしたよ。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘のお気に入り!

    娘が1歳の時に購入しました。
    主人も幼少の頃愛読していたこぐまちゃんえほん。
    シリーズのどの作品を最初に娘に読んであげようか迷いましたが、
    丁度色や形に興味を持ってきた頃だったので、
    このさよならさんかくで楽しく学べればと思い購入。
    色、形をマスターした今でも、娘のお気に入りです!

    掲載日:2011/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 響きが大好き

    娘のお気に入りの一冊です。

    気づけば絵本を開いていない時でも、
    遊びながら「しかくはなあに」とひとり言を言っていたり。
    言葉の響きと覚えやすさで歌のようなのでしょう。

    色はまだまだ間違えますが、
    この絵本で「しかく」「さんかく」「まる」は覚えました。
    覚えて褒められるのが嬉しくて、
    ますますこの絵本に夢中です。

    掲載日:2011/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • つづき

    どんどん続いていくリズムのあるお話。
    黄色いはなあに、長いはなあに・・・
    子供はまだその質問はわかりませんが
    同じものが集まっているページで
    自分の知っているものを見つけるのが好きです。

    じどうしゃ、どうぶつ・・・

    ずかん、みたいな絵本です。

    掲載日:2010/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉の連想

    「さよならさんかく またきてしかく」のリズムの良い言葉の始まりとともにいろんな言葉が次から次へとつながっていきます。連想ゲームが出来て非常に楽しい本です。あるものから色々なものを連想する事で想像力も鍛えられるのではないでしょうか。リズム感が良くて読みやすい本なので0歳からの読み聞かせにも向いていると思います。

    掲載日:2010/09/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもは大好き

    • ぷぴさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子1歳

    「しかくはなあに、しかくはとうふ、とうふはしろい、しろいはなあに」
    語呂がよいので、娘も私の口調を真似してとても楽しそうです。
    挿絵も自分の分かるものはひとつひとつ「これはなに?」と
    面白そうに確認をしています。

    ただ私にとっては何かよく分からない絵があることや「しろいはボール」などのボールはしろとはかぎらないとの思いがあって、
    評価は「ふつう」です。

    掲載日:2010/01/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一日に何度も「読んで」の声

    • モコママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    息子に比べ娘は絵本の好き嫌いが激しく、あまりお気に召さないものは膝の上に座らせて読んでいても、すーとどこかにフェードアウトしていってしまうのですが、この絵本はまったく膝から降りようとせずに「もう一回、もう一回」の繰り返しです。

    「さよならさんかくまたきてしかく」に始まり、「まるいはなあに・・・まるいはトマト、トマトはあかい・・・」などと、ずっとリズミカルな言葉遊びが続いていきます。内容という内容はないのですが、「しろくまちゃんのほっとけーき」の大ファンの娘としてはしろくまちゃんがでてくるだけで嬉しくてたまらないようです。兄のほうが幼稚園に行くまではバタバタしていて、娘にじっくりと物の名前を教えてあげていなかったのですが、この絵本でだいぶ単語数が増えた気がします。
    一つ一つの単語を言葉遊びにあてはめて読んでいるので時間はかかりますが、とてもリズミカルなので、子供にも覚えやすいし読み手としても達成感がある面白い絵本です!

    掲載日:2009/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 図鑑のように

    まだ歌うようには読めないのでたくさん出てくる同じ色の物や形の物を指さして名前を言っていっています。
    わかやまけんさんの絵本なので色鮮やかで色も覚えられます。
    もう少し大きくなったら歌いながら読めるようになるかな。
    黒と青のページは少しこわいみたいです。

    自分が小さい頃にした言葉遊びを思い出しました。
    自分が遊んでいたのは最後おばけじゃなくてひかるはぼうずのはげあたまでした(笑)

    掲載日:2008/09/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「さよなら さんかく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

全ページためしよみ
年齢別絵本セット