ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

おしいれのぼうけん」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

おしいれのぼうけん 作:ふるた たるひ たばた せいいち
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1974年11月01日
ISBN:9784494006069
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,563
みんなの声 総数 193
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • こわかったね

    昨日、一気に読みました。一気に読まないとこわいのが残りますものね。
    だけど、夜中にうなされて泣いてました。
    もしかしてこの絵本のせいかな?
    絵本のこわい気持ちだけが残ってしまったのかな?
    そう思いましたが、朝、また「幼稚園に行く前に読んで」と。
    もちろん時間がなかったので読みませんでしたが、たとえこわい気持ちが
    残ってしまっているのだとしても、それ以上に楽しい気持ちが刻まれたの
    だなあと思いました。
    そういえば、昨日、読み終えた後に「押し入れに穴をあけてほしい」とか
    「押し入れの中にクレヨンで絵を描きたい」とも言ってましたし。

    こんなに壮大なぼうけんが繰り広げられているとは思いませんでした。
    長かったー。
    ほんとに、娘もどきどきしながら聴いていたと思います。
    私の背中に隠れたりしながらも「もうやめようよ」とは決して言わなかった。

    ああ、子どもの気持ちに寄り添っている物語なのだなあ、と感じたのは
    ラストの部分。
    教訓物語ではなかったのね。
    いや、むしろ、大人に対しての教訓物語だったのかな?

    掲載日:2011/06/23

    参考になりました
    感謝
    2
  • 思い出の1冊

    私自身が幼稚園のとき大すきだった絵本。
    20年経った今でも、その気持ちが変わらないということは
    本当に子供心を惹きつける作品なんだと思います。

    姪甥たちに読みました。
    4歳の甥は、同じくらいの年の男の子のお話、
    そして保育園でのお話ということで
    とっても真剣に聞いていました。

    3歳の姪には難しかったようですが・・・

    「怖い。」と甥は言っていましたが、私も幼稚園のときは怖かったです。
    表紙も黒いし、幼稚園に置いてあったこの絵本がボロボロだったので
    余計に怖かったのを覚えています。

    「悪いことすると、ねずみばぁさん来ちゃうね」と甥に言うと
    私の手をギュッと握ってきました。
    この絵本の中で、ねずみばぁさんに出会ってから、
    二人がずっと手を握っていたからかぁ〜と思いました。

    大人になってから読んでも、やっぱり心惹かれる作品です。

    掲載日:2010/06/27

    参考になりました
    感謝
    2
  • 何度読んでも楽しい

    パパがちいさい頃に大好きだった本のようで、本屋で見つけて「なつかしー」ということになり購入。以来、何度も何度も子供たちが読んでとせがまれて、繰り返し繰り返し読んでいます。長いお話なのに小さい子でも飽きずに最後まできちんと聞きます。何度読んでも、ドキドキできるすごい本です。
    最近では、登場人物の「さとし」や「あきら」を子どもたちの名前に置き換えてお話を読むのが定番。でも面白いのは、さとしやあきらだけでなく、他の保育園のお友達にもなりたがること。子どもたちは想像の中で、おしいれに入って冒険したり、それを見守る子どもになりきったりして楽しんでいるようです。

    掲載日:2012/02/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • ねずみばあさん!

    • h.ママさん
    • 20代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子7歳、男の子5歳

    私が小学生の頃読んでいました。
    なので子供達にも読ませたくて購入し、読んでみたらやっぱり怖いー!と。笑
    その頃ちょうどいうことを聞かなく大変な時期だったので
    悪いことをしたらよくねずみばあさんくるよー!と言っていました。
    今改めて読んでみると友達の大切さやごめんなさいという事の大事さなどがわかります。
    少し文章的には長いので子供が飽きてしまったりする時もありますが、
    とてもいい絵本だと思います。
    年中から年長さんぐらいにお勧めかな?

    掲載日:2011/11/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 想像力・勇気・反省・協力・思いやり

    保育園でのしつけの話や子ども達の友情や成長が見れて大人も子供も楽しく読める1冊だと思います。
    お友達と手を繋いで助け合う所など考える事学ぶ事が色々あって4・5歳から向けのよい絵本だと思います。
    想像力・勇気・反省・協力・思いやりの心を育むのにもいい絵本です。

    全て平仮名で書かれていて、文章が長いので小学校2、3年生ぐらいで自分で読むのにも、幼稚園児に読み聞かせるのにもよいかと思います。長く楽しめる絵本です。

    絵は鉛筆で描いているので素朴な感じがします。その絵がさらに想像力をかき立てるのだと思います。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 早く続きを読みたいけど・・

    私も小さいころ持っていました。
    ちょっと怖くてスリル満点で、楽しんだ覚えがあります。
    名作中の名作ですよね。
    娘にも読んであげたいと楽しみにしていましたが、
    脅かしすぎたでしょうか、
    おしいれの中でねずみばあさんの声が聞こえるページでギブアップ。
    その先を読むことをいまだ許されていません。
    この先、どんどんお話が面白くなるんだけどなぁ・・。

    掲載日:2011/10/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • はらはらどきどき

    幼稚園や保育園が出てくるお話が大好きな息子。
    そろそろこの本も理解できるかな?と読ませてみました。

    今どきの洋風な家では珍しい、押入れ。(我が家にもクローゼットはありますが、押入れはありません)
    保育園でいたずらをして叱られてもあやまらなかった男の子2人が、押入れの上の段と下の段に入れられてしまいます。
    するとそこから、大冒険が始まるのです!

    暗い押入れの向こうに、別の世界があるなんて楽しい!!
    はらはらどきどきの冒険に、手に汗握ります。
    おとなしくて冒険なんてとんでもないというタイプの息子なんですが、本の中の冒険はとても楽しいみたいです。

    読み聞かせするにはちょっと長いですが、幼稚園児でも十分楽しめるお話だと思います。

    掲載日:2009/07/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • こわーい、けど気になる

    息子と保育園から借りてきました
    悪いことしたら押入れにとじこめられるは
    ひと昔前の設定ですが
    息子はビビリながらもお話のなかに入りこんでいるようすでした
    ねずみばあさん、怖いですよね
    子供の想像力をかきたてる名作ですね

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • さまざまな葛藤が

    4歳の息子と読みました。
    少し長めの絵本です。幼年童話になるのかな?

    みずの先生の葛藤も、あきらとさとしの葛藤も
    あきらとさとしが押し入れの中でどんどん仲良くなっていく様も
    大人の私からみても楽しかったです。

    押し入れって怖いのかな?
    最初は怖がっていたのですが、
    息子はよく集会所の押し入れに友達と喜んで入ってしまうのですが。
    ねずみばあさん的なキャラが必要ですね。

    4歳児には長かったようですが、
    特に、車と機関車に乗る部分で息子は喜んでいました。

    掲載日:2015/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子は大喜びでした。

    • さけんさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子6歳、男の子4歳

    娘と息子は幼稚園に通っています。
    幼稚園で先生が読んでくれた見たいです。
    とても長い本なのですが、飽きずに聞いていてくれます。
    幼稚園の先生もこの絵本が好きなんだよといっていました。

    子供にとって暗い押し入れは怖いはずなのに我慢して出てこないところが子供たちは好きなようです。
    でも私の子供は怖がりなのでそんなことはできないんですけどね。

    掲載日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おしいれのぼうけん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / くだもの / バムとケロのおかいもの / おまえ うまそうだな

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

全ページためしよみ
年齢別絵本セット