だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

おしいれのぼうけん」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

おしいれのぼうけん 作:ふるた たるひ たばた せいいち
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1974年11月01日
ISBN:9784494006069
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,565
みんなの声 総数 193
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 懐かしい!

    昔から読み聞かせ○○選とかには絶対にはいっていますよね、コレ。
    私も子どもの頃、読んだ覚えがあります。
    今改めて読むと、意外と奥の深いお話だと思いました。
    読む時期によって、受け取り方は変わるものですね。

    今回は娘に読み聞かせしました。
    ただただ怖いだけのお話ではなかったので、怖がりの娘も大丈夫だったようです。
    子どもって怖がるくせに、怖いお話とか好きなんですよね。
    だから、そんな時期のお子さんにおすすめです。

    掲載日:2011/11/18

    参考になりました
    感謝
    2
  • パパもママも怖かった(*o*)

    • あいたろさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子2歳

    「おしいれのぼうけん、こわかった〜」と保育園から帰ってきた5歳の子供が話してくれました。
    「ママもおしいれのぼうけんはとってもこわかったなぁ」と話すと、
    「えっママもこわかったの?パパは?みんなこわいの?」と、みんな怖かったことがわかり、本人はなんだか嬉しくなった様子で、「こわかった話」で盛り上がりました。
    30年以上昔に読んだ本ですが、楽しかった話は忘れてしまっても、こわかった話は結構覚えているもので、30年という時を越えて、子どもと同じ気持ちになれました。

    掲載日:2011/01/07

    参考になりました
    感謝
    2
  • 押入れは秘密の子ども部屋!!

    • ち〜坊さん
    • 30代
    • せんせい
    • 大阪府

    長編に挑戦!
    そんな時にはこの一冊を・・・。
    スリル満点でドキドキしながら見入ってしまうでしょう。
    私も小さい頃押入れが好きで隠れたり、遊んだり、寝たり・・・そんな思い出の場所だった事を思い出しました。
    子どもの頃に戻った気持ちで読み聞かせれば、子どもの気持ちも絵本に入り込む事でしょう!!

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    2
  • 壮大な冒険物語

    子供が、幼稚園で読んでもらって「とても おもしろかった」と言っていました。

    ロングセラーとのことですが、私自身は読んだことがなかったので、子供と一緒に読んでみました。

    少し長いかなーと思ったのですが、読み始めるとお話の世界に引き込まれて、あっという間に最後まで読んでしまいました。

    怖いけど、おもしろい
    友情、勇気、思いやり
    ドキドキ、ワクワク、ハラハラ、
    そんなことが、全てつまっている絵本だと思います。

    掲載日:2011/04/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 懐かしかったです

    34歳になる私が子供のころ母に読んでもらった絵本です。

    表紙の絵が印象的でとても覚えていました。

    内容はうる覚えだったけど、息子に読んでいるうちに思い出してきました。

    押入れに入れられて、そこから不思議な冒険が始まります。


    自分が子供のころに読んだ絵本を、わが子に読み聞かせられる幸せ。
    ますます絵本が好きになりました。

    5歳の息子には、少し長いかなとも思いましたが、寝る前には「あの長いお話読んで」といってきます。

    この絵本が、息子の子供にも伝えていけたらいいなぁとまだまだ先のことを考えてにやけてしまいます。

    掲載日:2010/08/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 年長児におすすめ

    子供たちが怒られるところや押入れに入れられるところ
    ねずみばあさんの登場など
    子供たちには ハラハラドキドキ自分のことのようにのめりこんで
    みています。

    我が子も4歳後半からよく読んであげました。
    一気にではなく2日に分けたりして。
    下の子ものめりこんでいました。

    お勧めの一冊です。

    掲載日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 長い

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    有名絵本なので読んでみました。
    が、長いですねー。
    うちの子供は聞いてくれましたけど、すべての子供が聞けるわけではないように思えました。
    怖さや冒険のわくわくどきどきに子供は惹かれるのかな?
    でも、やっぱり長いですねー。読むのがたいへん。
    押し入れに閉じ込めるのは今だと批判されてたいへんでしょうねー。

    掲載日:2016/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何度も読んでいます

    購入したのは息子が5歳の頃。
    最初は怖がっていましたね〜(笑)
    長めのお話なので3回に分けて読み聞かせようとしましたが、
    2回目の区切りで「え?もっと読んで!」と。
    さすがは長く読み継がれている絵本です!

    今では子供を押入れに入れる事なんてしないでしょうが、
    私が子供の頃って、親に怒られると入れられていました。
    あの当時この本があったら、私はどんな思いで読んだ(聞いた)でしょう。
    子供の頃にしか味わえない、暗闇と人外への恐怖、冒険のスリルと憧れ、そして爽快さ。
    何回も読み聞かせたい一冊です。

    掲載日:2015/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な気持ちになりました

    子どもの頃に読んだ記憶があります。

    表紙の絵を鮮明に覚えてました。

    保育園でいたずらをするとふちっこの方で

    反省させられ、遊ぶ時間を奪われる・・・

    遊びたければルールを守りましょうといった感じですが、

    この絵本ではおしいれに入れられます。

    子どもの頃、おしいれにいれられてとても怖い思いを

    したことを覚えてますが、残念ながら息子には

    おしいれ自体がピンをこなかったみたいです。

    クローゼットではとじこめたという感じにはなりませんので、

    少しずれてしまいますが、暗い部屋に閉じ込められたと

    置き換えて考えたようでした。

    冒険がテーマになっていますが、もっともっと深い

    お話だと思います。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • つよくてたくましいね

    さとし君、頑張れ〜。あきら君、泣いたらダメだよ〜。って応援しながら話を聞いてます。子供心にも、さとし君とあきら君の行動にはすごく惹かれるところがあるみたいです。つよさとたくましさとゆうきと・・・長い絵本ですが話に引き込まれます。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おしいれのぼうけん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / くだもの / バムとケロのおかいもの / おまえ うまそうだな

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


ねえ、「コワイ」って、もってる?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット