ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?

大きなわる〜いオオカミがっこう」 大人が読んだ みんなの声

大きなわる〜いオオカミがっこう 作・絵:ジョナサン・アレン
訳:久山 太市
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年02月
ISBN:9784566007031
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,634
みんなの声 総数 14
「大きなわる〜いオオカミがっこう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 育ての親

    子供のいないオオカミの夫婦が迷子のオオカミの子に出会い自分達の子供として大切に育てます。よそのオオカミの子のように乱暴なことが出来ないし、小動物と仲良くしたがっているので、思い切ってオオカミ学校に入学させることにしました。そこでの体験がとても面白くて愉快な気持ちになれてとにかく笑えます。フィリップは、本当はオオカミなんかじゃあなかって牧場で働く牧洋犬の子供だったのがびっくりでした。どちらかと言うと漫画チックに楽しく画かれているのでオオカミ夫婦の人のよさ、大らかさがかっこよかったです。フィリップも育ての親に感謝して時々会いに行くし、オオカミ夫妻は自慢の我が子にメロメロでいい親子関係を築いていると思いました。血は繋がっていなくても、大切に育てたから可愛くてしかたないのだと思いました。

    掲載日:2011/10/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「大きなわる〜いオオカミがっこう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / こんとあき / よるくま / からすのパンやさん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


「パンダのポンポン」シリーズ 野中柊さんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット