ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

ラパンくんいたずらだいすき」 0歳のお子さんに読んだ みんなの声

ラパンくんいたずらだいすき 作・絵:イヴ・ゴット
訳:いしづ ちひろ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:2001年5月30日
ISBN:9784265053537
評価スコア 3.71
評価ランキング 29,923
みんなの声 総数 6
「ラパンくんいたずらだいすき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

0歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 本当に「いたずらっこ」?!

    ラパンくんがクマのぬいぐるみに おやつや水を与えたり、
    室内を水たまりにしたり、
    金魚を水槽からとりだそうとしたり・・・
    いろんないたずらをします。

    これは ラパンくんが悪いことと認識せずに起こす行動。

    そんなラパンくんに お母さんは
    「こまった いたずらっこね ラパンくん」と注意をします。

    ラパンくんは 良いことと思ってやっているのに、
    お母さんが「いたずらっこ」とラパンくんを位置づけてしまうのは、
    どうなのだろう?!

    ベビーに良いことと 悪いことの区別がついていれば、
    この本を読んで、ベビーが何かを感じることがあるのかもしれません。

    子どもに読み聞かせる本というよりは 
    むしろ親がしかり方について考えるキッカケとなる本だと思います。

    掲載日:2009/01/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ラパンくんいたずらだいすき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / くだもの / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.71)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット