うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

まいごのどんぐり」 11歳のお子さんに読んだ みんなの声

まいごのどんぐり 作:松成 真理子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年09月
ISBN:9784494009008
評価スコア 4.88
評価ランキング 20
みんなの声 総数 87
  • この絵本のレビューを書く

11歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「ケーキ?」がうれしくて

    秋になったので、どんぐりのお話を と
    5年生の読み聞かせに選びました。

    園児のコウくんとどんぐりのお話なので
    5年生にはどうだろう もう少し小さい子向きかしら と迷いましたが
    おとなになったコウくんが「ケーキ?」と聞くところが私は大好きで
    この再会の場面を味わえるのは高学年から
    と思い直し読むことにしました。

    ずっとずっとコウくんの足音に耳をすまし、見守り続ける‘ぼく’は
    若い日の片想いにも
    成長する子どもを見つめる親心にも似ていて
    どんぐりの‘ぼく’にいつしかどっぷり感情移入。
    だから、コウくんの「ケーキ?」が嬉しくてしかたない。

    「ケーキ」と名付けられた時点で
    コウくんと‘ぼく’は人対物ではなく
    特別仲良しなふたりになったのでしょうね。
    幼い日の記憶は
    いつしか忘れ去られたようにみえて
    実は心の奥深くに眠り続けていて
    ふとしたきっかけで目を覚ますのでしょう。
    春を待って眠るどんぐりのように。

    ふたつの「うれしいことです。」
    ひとつめは平坦に、
    ふたつめは「こと」にアクセントをおいて読みました。
    間をおいてゆっくりと。

    しみじみとしたうれしさの余韻に包まれ
    それをこわさないよう
    手がそっと静かに本を閉じていました。

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • これは深いです。あたたかいです。

    • 紫苑さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子15歳、男の子10歳

    この絵本を読んで、すっかり松成さんの絵本のとりこに・・!!

    表紙だけみると、園児向けの絵本のようですが、
    実はとっても味わい深〜い内容なんです。

    幼い子どもさんでも読める長さですが、
    小学生の読み聞かせなら、中〜高学年のほうが、おはなし全体をよく把握できるとおもいます。

    おはなしは、どんぐりの一人称語りですすみ、これがなかなかの味わいです。素直であたたかいタッチ色彩とあいまって、じんわり心に沁みこみます。

    こうくんが必死にさがしても見つけられず、
    まいごになってしまったどんぐりが、自然と土に根付いて
    こうくんと共に成長し、立派な木に育ってゆくんですが、
    制服姿で自転車で毎日傍を通りすぎてゆくこうくんの後姿に
    「おかえり こうくん」
    って声なき声をかけているページがあります。
    くーっ(;;(泣;;)せつない!

    そして感動のラストシーンへ・・・

    幼いこうくんが、ビニールプールに大親友のどんぐりを一緒に入れ・・
    「こうくん ぼくは およげませんよ
    どんぐりですからね」
    って^^おもわず微笑んでしまうページも大好きです。

    我が家の息子が同じ「こうくん」で、(読んだとき高校生)、おもわずかぶってしまって・・
    即ネットで調べて、松成さんの作品展に足を運んでしまいました・・!
    そこで購入した「にようびのばら」(こちらは恋のおはなしで思春期から大人向け)もよかったですよ。

    絵本はあまた読みましたが、
    これは感動的出会いの1冊でした。

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ここにいるよ〜

     どんぐり(名前はケーキ)くんが、語ります。
     
     彼を拾ってくれたのは、コウくん。
     コウくんは、どんぐり大好きの男の子。
     なかでもケーキくんは、お誕生日のケーキの真ん中にデコレイトされるほどのコウくんのお気に入り。
     おしりに名前も書いて(or刻んで)もらっていたのに…。
     いつでも一緒だったのに…。

     こんなことがあったら、いいなあと読後思いました。
     コウくんが、気づいてよかった〜。

     月日の過ぎ行く中、ケーキくんが、成長していくコウくんを見守るページがステキです。
     お隣の4歳の女の子は、「ここにいるよ〜。」って、絵本の中のケーキくんを一生懸命にコウくんに教えてあげていました。

     息子は「明日どんぐりさがしてこよう。家に植えちゃダメ?」と、すぐ感化されました。

    掲載日:2009/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • めぐり合い

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    コウくんの誕生日ケーキに飾られていたのでぼくの名前は『ケーキ』

    コウくんの宝物のどんぐり。

    いつも一緒・・・でもある日とうとう道に音落としたぼくを見つけれなくて・・コウくんと離れ離れになってしまうんです。


    どんぐりのケーキの気持ちから出来ているお話で、とても暖かいです。

    子ども達の小さい頃ポケットやカバンや机の引き出し・・どんぐりが入っていましたよね。

    こんな風に子ども達といることをどんぐりは喜んでくれていたのかしら?

    どんぐりがすごく愛おしくなります。

    コウくんとの再開がすごく素敵で感動しました。

    秋になったら読みたくなる1冊です。

    掲載日:2008/09/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「まいごのどんぐり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット