だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ねえとうさん」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

ねえとうさん 作・絵:佐野 洋子
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2001年10月22日
ISBN:9784097273240
評価スコア 4.76
評価ランキング 599
みんなの声 総数 32
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 悔しいけど、とうさんってすごい

    毎週日曜日が待ち遠しいうちの息子
    本当にお父さんって居るだけで喜ばれてうらやましい。

    まして、こんな風に2人だけの楽しいお散歩が出来たらもう最高でしょうね。とうさんの見せ場もしっかりあって。こぐまもその偉大さにしっかり感動している。「おとうさんのこどもでうれしいよ」なんて言われたら涙ものですよね。

    とっても素敵なお話でした。
    父の日を前におとうさんの偉大さを再認識しました。

    あと、仕事帰りのとうさんを一度ゆっくり休ませてあげるやさしさも素敵だなぁと思いました。
    かあさんぐまの優しい配慮なのかな?

    うちのむすこにもその辺りの優しさまで伝わってたらいいのになぁ。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  •  佐野先生の描く動物で好きなのは、猫と熊。
     特に、この作品のくまの父さんは、角が無くってあったかくって好きです。
     冬眠から目覚める時期でしょうか、一見開き目のページの雪解けの様子から伺えます。

     母さんとの二人きりの朝食で、思い切り背伸びした事を言うくまの子が可愛い。
     次ページで、父さんはどこかへ行っている事がわかります。

     待ちわびていた父さんと再会し、ゆったりとした楽しい散歩の時間を過ごしたこぐまくん。
     なんでもスーッとできてしまう父さんに、一層の尊敬の念を抱いたようです。
     何気ないくまの父子の散歩の様子なのですが、こういう時間を子どもと過ごせているお父さんは、今の時代なかなか無いかもしれませんね。
     お父さん、お疲れさまです。

     それにしても、父親って些細な事や瞬間にこどもの心を掴んでしまう魅力的な存在なんでしょうね。
     母親も日々頑張っているのだけれど(笑)。

     ラストでのこぐまくんの可愛らしい言葉に、ウフッとしてしまいますよ。

    掲載日:2011/02/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねえとうさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / いないいないばあ / ぐりとぐら / くだもの / かいじゅうたちのいるところ / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット