しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

かあちゃん かいじゅう」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

かあちゃん かいじゅう 作:内田 麟太郎
絵:長谷川 義史
出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年05月
ISBN:9784564018046
評価スコア 4.48
評価ランキング 7,034
みんなの声 総数 55
「かあちゃん かいじゅう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かあちゃんは何にでも変身するぞ!恐るべし。
    りゅうのすけくんの願いを叶えてあげたい
    かあちゃんは、ねぼけまなこの息子に
    『かあちゃんかいじゅう』を見せつけて大笑い。

    長谷川義史さんの絵もユーモアたっぷり。
    茶の間で家族は、それぞれの過ごし方をしている。
    おじいちゃんもおばあちゃんも猫もあたたかい、
    愉しい家庭ですね。

    映画の帰りに家族みんなで、レストランでお食事。
    それぞれ自分の好きな物を食べてますよ!
    さすが、かあちゃん、こうじゃなくっちゃ!
    みんなを満足笑顔にさせます。
    どこの家庭にも、でっかい太陽かいじゅうは必需品?です。

    掲載日:2011/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいかあちゃん

    かいじゅう映画を見たい!とごねる男の子と
    お母さんのやりとり。
    「だめだめ!」と言いまくるお母さんも
    男の子のペースについに乗せられてしまって
    映画に行くことになるっていうオチがとてもほのぼのして楽しいんだけど、
    もう一ひねり欲しかったな〜〜なんて^^;。
    でも表情豊かなかあちゃん、愛されキャラですね。

    掲載日:2009/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • もしかして私のこと??

    タイトルを見て私のことかも?なんて思い興味をそそられ手に取りました。
    迫力のあるいかにも「かあちゃん」といういでたちのお母さんにも好感を覚えます。
    そして映画に連れて行ってと駄々をこねている子どもの姿がまさに今の娘の姿とぴったりです。
    あれかって。これかって。どこどこに行きたいだの・・
    我が家も娘にそんな要求を出されるたびに、だめ!と言ってしまいます。
    そして娘もそんな母に心の中で「このかいじゅうめ!」と思っているかもしれません。
    そんなどこにでもありそうな日常の風景をおかしく、そして親しみを感じさせてくれる絵本でした。
    それでもどこの母も最後はやっぱり子どもの言うことを聞いてあげたくなってしまうんですよね。
    ただのかいじゅうではなく、本物のかあちゃんかいじゅうになって驚かせるという結末も笑えます。
    私は自分の意思も出来てきて、親に対してちょっとは不満を感じたりもするようになる就学前くらいの子どもさんに面白い内容ではないかと思います。

    掲載日:2008/09/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かあちゃん かいじゅう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おおきなかぶ / おふろだいすき / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(55人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット