くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

やねうら」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

やねうら 作:ハーウィン・オラム
絵・訳:きたむら さとし
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1996年
ISBN:9784566003620
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,802
みんなの声 総数 15
「やねうら」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 次は何が見えるの?

    一言で言えば空想の世界を描いたお話しなんですが
    子どもたちの中にもってるいろいろな可能性ってすごいな〜って
    感じますね。
    それは空想だけでなく、ものを作り出す力、ゆめのお話し・・・
    いろいろな場面でこのすてきなことが起こって、
    成長していくのでしょうね。
    そう考えると、この「やねうら」という無限大の空間へ
    行ける主人公の男の子がとても羨ましいですね。

    一緒にお話しを楽しんでた息子は、
    次はどんな世界に飛び出すのか?とてもワクワクする様子で
    「次は?次は?」といって、どんどン先に進みたくて
    仕方ない!といった感じでした。
    きっと、息子もお話しを楽しみながら、自分のなかでも
    いろいろな世界を感じたでしょう。
    こういった子供の世界、いつまでも大事にしたいですね。

    掲載日:2008/10/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「やねうら」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


『ねこすけくん なんじにねたん?』木田哲生さん、 伊東桃代さん、さいとうしのぶさん インタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット