庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

かなへびくんのあかいながぐつ」 大人が読んだ みんなの声

かなへびくんのあかいながぐつ 作:島津 和子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\362+税
発行日:2003年09月01日
評価スコア 4.31
評価ランキング 13,032
みんなの声 総数 12
「かなへびくんのあかいながぐつ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 庭の生き物を物語に

    この前に同じ年中向きで「がまくんとかなへびくん」(98年8月号)という、おそらくこの二匹だろうお話が出ています。
    夏を感じさせる素敵な友情話でこちらもオススメです。

    年少版でリアルな生態を描いたかなへびくんとがまくんが年中版になってTシャツなんか着ちゃって、ちょっと物語っぽく変身して再会です。
    少し絵のタッチが変わって、より鮮明に彼らの姿が描かれています。
    とてもかわいらしいストーリーで、読後うちの庭でもこんなことが起きているのかと和みました。
    長靴の中のザリガニに「食べたら旨そう」と思った私は下衆でしょうか。
    それくらい美しい絵でした。原画はもっと綺麗だろうなあ。

    身近な生き物が好きなお子さんにはたまらない本だと思います。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤いおおきな奴の正体は?

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子13歳

    かなへびくんが、お昼寝の家にぴったりな赤い長靴を見つけます。
    ところが、嵐がきて、翌朝行ってみると、赤い長靴がなくなっていました。
    そこで、仲良しのがまくんと一緒に探すことに。

    探してまわるうちに、かなへびくんの行く先々に現れたという赤い大きな奴ていったい・・・

    小さな生き物がいっぱいでてきます。
    かなへびくんとかえるのがまくんの他に、バッタや蜘蛛、かまきり、
    ねずみ、そして・・・

    赤い長靴のこんな利用方法もあるんだって、
    ちょっと驚いたところもありますが、
    これも、あの嵐が引き起こしたこと。
    なによりも、無事でよかったです。

    繰り返しのお話と、赤い大きな奴の正体の行方、
    その後の展開に、わくわくどきどきのとても楽しめるおはなしです。

    読み聞かせをするなら、4〜5歳から。

    掲載日:2013/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものとも

    こどものともが好きなのでこの絵本を選びました。長靴が本来の用途とは異なってもしっかりと人の役に立っているのが素晴らしいと思いました。お母さんが我が子を危険から守るために考えた方法に感動しました。主人公のために一緒になって探してくれる仲間の姿に感動しました。友達っていいな!と思える絵本でした。

    掲載日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かなへびくんのあかいながぐつ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ぐりとぐら / だるまさんが / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.31)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット