ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

いやいやえん」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

いやいやえん 作:中川 李枝子
絵:大村 百合子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1962年12月25日
ISBN:9784834000108
評価スコア 4.79
評価ランキング 368
みんなの声 総数 101
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 空想と現実の世界

    5歳の娘に、初めての児童書でした。
    難しいかな?という心配は不要でした。どんどん、どんどんと本の中へ入り込んでいくのがわかりました。そして毎日「読んで!」と持ってくるし、一人でも静かに読みふけていました。
    この本のお話、全部実話だそうですね!登場人物もモデルの子がいて、『くじらとり』などの話も全部実際にあったとか。空想と現実を行き来する子供達の世界観、素敵ですよね。そんな世界に読者皆を導いてくれる本です。何十年も支持されて読み継がれているのがよくわかります。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 本来の子供像

    かれこれ35年以上昔から実家の本棚にあって、その真っ赤な背表紙と不思議な
    題名がとても印象的だった本でした。でも、当時の私は本を読むのが大嫌いと
    いうか面倒くさくて、この本を開くことは一度もないまま月日が流れました。

    そして、息子が年中になった時に本屋に積まれているこの本を見て、初めて手に
    とってみたら、当時の息子と本の中の主人公のしげるがとても共通点があって、
    とても惹きつけられ購入しました。当の息子も“しげるちゃん”に首っ丈な状態
    でした。

    ここまでやりたい放題な男の子って、今はもういなくなってしまった気がします。
    今の時代には問題児扱いになってしまうことでしょう。でも、この本の中には
    それがこどもなのよという優しいまなざしが感じられ、時にはそういうこどもへ
    の戒めもユーモアに描かれているところが、この本の醍醐味だなと思いました。

    作者の中川李枝子さんは元保育士で、しげるちゃんのモチーフになった子が実存
    すると聞いて、妙に納得した本でした。

    ちなみに、私の好きな話は冒頭の「ちゅうりっぷほいくえん」と「やまのぼり」
    で、息子は「やまのこぐちゃん」が好きだったそうです。

    是非、お子さんに読んであげてください。やっぱり名作です。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵本ではなく単行本

    ちゅーりっぷほいくえんに通ういたずらなしげるくんを主人公に書いた短編集。
    えんの男の子たちは「ぞうとらいおんまる」という船を作ってくじらをとりに海へ出たり、「いや」とわがままを言ってばかりのしげるは「いやいやえん」という保育園に入れられてしまいます。そこには約束事がないけど野放図にすごすと楽しくもなかったりして、、、。

    絵本ではなく、単行本というか小説の形なので、読みきかせる親はちょっと大変ですが、子供は絵が少ないのに意外に気に入ったようで、何度も読んで欲しいとせがんでいました。

    おすすめです。

    掲載日:2014/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんども読まされてます

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子5歳、男の子3歳

    このごろ、絵本から童話へと好みが変わってきて、長いお話を楽しめるようになってきたのですが、「いやいやえん」は本当に何回も読んでいます。図書館で借りたのですが、長く楽しめそうなので返却したら購入しようと思っています。
    主人公のしげるを中心に7つほどのお話で構成されていて、はじめは最初の「ちゅーりっぷほいくえん」から読んだ方が良いと思いますが、一読した後は好きなお話を選んで読むと程よい長さで寝る前なんかにもちょうどいいです。
    うちの娘はどちらかと言うと真面目な方なので、しげるの行動を「あかんなぁ」とか言いながら楽しんでいます。

    掲載日:2013/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな子いるよね

    • 梅★ようこさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    娘にとって初めての長い本。
    寝る前に中のお話を一つずつ、と思って読みました。
    「そらいろのたね」にも登場するしげるくんが主人公で
    いろんなやんちゃをしながらお話が進みます。

    一つのお話を読むと15分から20分と挿絵も小さいのですが、
    話が面白いので娘は毎晩「今日もこれよんで」と持って来ました。

    やっぱりいちばんのお気に入りの話は一番最後の「いやいやえん」。

    なんでも「いや」というしげるくんにおかあさんは困って
    「いやいやえん」に連れていきます。
    「いやいやえん」はなんでも好きな事だけをしていればいいところ。
    きらいなことはしなくてもいい、おべんとうがいやなら食べなくても
    いいし・・・だけどやっぱり好きな事だけじゃ楽しくない、
    としげるも気づきます。

    何度も楽しく読める本ですね。

    掲載日:2012/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもらしくておかしくなってしまう本

    五才の息子は子の本にでてくる男の子つとむちゃんのことをばかだなーときっと思ってます。でもつとむちゃんにも同情しているみたいです。
    三回に分けて一冊読み切った感じですが、きにいったところは何度か読まされました。
    いやいやえんは絵本だけど、絵がすくないです。でもその分子供は想像しながら自分だけの絵を思い浮かべながら読むことができますし、繰り替えし読みたくなるすばらしい本だと思います。

    掲載日:2011/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 二世代で。

    うちのパパが小さいころに読んでいた絵本を見つけて持ってきてくれました。
    私は初めてだったのですが、古さを感じさせないですね。
    長い間人気があるのも納得です。

    短編のお話が7つ書かれています。
    主人公はとーってもやんちゃっこのしげる。「ちゅーえいっぷほいくえん」の年中さんです。
    あまりのやんちゃぶりに、娘もケラケラ笑っていました。
    だってお友達と喧嘩はするし、先生との約束は守れないし、ほんとに好き勝手!!でも憎めないんですよね。
    特にためになる、というお話でもないし、大事件がおこるわけでもないんですが、なぜか惹きつけられるものがあります。

    肩の力をいれずに、のんびりした気持ちで読むといいと思います。

    わが子もとても気に入って、寝る前に一つだけお話を選んで読んでいます。

    掲載日:2011/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝る前の読み聞かせにぴったり

    私が子供のときに読んでいた本 実家に眠っていて帰省したとき息子に読んだら大喜び 絵本以外は初めてだったのにとっても喜んでこちらが驚きました。世代を超えて読めるなんてすごいですね。息子はちこちゃん、おおかみ、こぐまのこぐちゃん、山登りが好きで毎日寝る前に今日はどれにする?と言ってえらんで読んで寝ます。内容はもうすっかり覚えているのにおもしろいみたいです。

    掲載日:2010/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • いやいや

    • 白ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    私も子供の頃に大好きだった児童書です。
    話が幾つかにわかれていますので、読み聞かせもしやすいと思います。
    また漢字には全てふりがながふられていますので、自分一人で読みやすい本だと思います。

    ついつい大人が子供に言ってしまいそうなお約束事。
    そして、それを次々と忘れてしまう超やんちゃ者のしげるくん。
    先生やお母さんの言いつけをちっとも守らないのですが・・・。
    この物語のように解決されていくと楽しいですね(笑)

    お子さんの「いやだ!」についついイライラしてしまう親も、約束事を中々守れない子供も一緒になって笑えます。
    特に私も息子も大好きなのが『いやいやえん』と『おおかみ』です。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初挑戦!

    「いやいやえん」は幼稚園に通う息子が大好きなお話です。

    今まで絵本で読み聞かせていたのですが、
    息子ももうすぐ六歳になるので、児童書にも挑戦!と思い、
    購入したのがきっかけでした。

    主人公のしげるが自由奔放でおもしろい子!!!
    すぐに物語にひきこまれました。

    しげるが幼稚園ではあり得ないようなことをしたり、
    先生の約束をやぶったり、
    大冒険したり、
    ハラハラドキドキの連続です。

    その中でも息子は「おおかみ」が好きです。
    これは、しげるとおおかみとのやりとりがおもしろいですよ。

    絵本もいいですが、
    いつの間にか長いお話でもじっと聞けるようになり、
    子どもの成長を感じた一冊でした。
    これを機会に児童書も読み聞かせしていきたいと思います。

    掲載日:2010/04/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いやいやえん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おおきなかぶ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(101人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット