貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

落語絵本1 ばけものつかい」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

落語絵本1 ばけものつかい 作・絵:川端 誠
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,400+税
発行日:1994年
ISBN:9784906379491
評価スコア 4.8
評価ランキング 276
みんなの声 総数 43
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • せなかがぞくぞくしてきた

    小学校で読み聞かせのボランティアをしているのですが、川端誠さんの《落語絵本シリーズ》は子供達の反応が良いので、よく使わせて頂いています。

    この絵本は5年生のクラスで読みました。
    ”むずかしいお年頃”の子供達ですが、言葉のテンポの良さやストーリーの展開、ご隠居さんにこき使われている化け物達の絵の楽しさに引き込まれ、夢中になって聞いているのが伝わってきて、読んでいる私もとても楽しく読むことができました。

    繰り返し出てくるご隠居さんのセリフ、「おお、せなかがぞくぞくしてきた」と読んだだけで、次の化け物を期待してクスクス笑っている子供もいておもしろかったです。
    読み終わった後は、みんな笑顔でした!

    掲載日:2011/06/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「落語絵本1 ばけものつかい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


「きむらゆういち先生ミニトーク付おはなし会イベント」レポート

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット