くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

こぐまちゃんのどろあそび」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

こぐまちゃんのどろあそび 作:わかやま けん
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1973年10月
ISBN:9784772100359
評価スコア 4.54
評価ランキング 5,209
みんなの声 総数 83
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あなほれ ぽん

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    息子も泥遊びが大好きです。こぐまちゃんはどんな遊びをするんだろうと興味津々で見ていました。
    泥だんごを作って並べて…あらあら泥だんごを踏んだしろくまちゃんとけんかになってしまいました。うちの兄弟を見ているようで笑えました。はじめは仲良く遊んでいてもそのうちやりたいことがちがってきて、けんかになってしまいます。
    すぐにちゃんと仲直りできるこぐまちゃんたちがいいなと思いました。
    最後には大きな穴ができて2人でもぐるこぐまちゃんたち。息子もこういう大きな穴掘ってみたいそうです。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外な反応。

    こぐまちゃんシリーズは、大好きです。

    こぐまちゃんは、買ってもらったスコップで
    「よく ほれる」
    「よく ほれる」

    「えっさ ほいさ あなほれ ぽん」
    「すこっぷ すこっぷ あなほれ ぽん」

    年少の娘は、いも掘りをしたばかり。。
    どうらや、いも掘りを連想した様子。

    年齢によっても、その時々で 違った想像が膨らむ絵本。
    大切にしたいです。

    掲載日:2011/11/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「こぐまちゃんのどろあそび」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おおきくなるっていうことは / えんそくバス / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ねないこ だれだ / からすのパンやさん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



細田守監督&tupera tuperaさん対談インタビュー

みんなの声(83人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット