しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

モモちゃんとアカネちゃんの本(2)モモちゃんとプー」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

モモちゃんとアカネちゃんの本(2)モモちゃんとプー 作:松谷 みよ子
絵:菊池 貞雄
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1974年06月
ISBN:9784061192324
評価スコア 4.85
評価ランキング 90
みんなの声 総数 12
「モモちゃんとアカネちゃんの本(2)モモちゃんとプー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • モモちゃんと一緒に成長しています

    もうすぐ5歳になる娘と一緒に、少し前に購入して読みました。
    モモちゃんシリーズ、全部読みたいと思っているのですが、娘の
    成長とモモちゃんの成長が重なるタイミングで読んでいきたいなあと
    考えているのです。

    このシリーズ、第一作めは、私自身が小さい頃から持っていた本であり
    何度も読んだことがありました。しかし、この『モモちゃんとプー』以降は
    私もまだ読んだことがなかったのです。
    ああ、最初のとは違うんだなあ・・・と思いました。
    甘いような切ないような懐かしい感じが、それほどしないなあって。
    でもきっとそれは「初めて」読んだからであり、今現在の娘の姿と
    重なるからだろうなあ。もう少し時間が経って、娘がもっともっと
    お姉さんになってしまった時にこの本を読み返したらきゅうんと
    なってしまうのだろうなあ、懐かしさで。
    で、1作目は娘の成長と重ねつつ読んだとは言っても、まだほんの
    小さい赤ちゃんの頃の話も載っているわけで(読んであげた時の娘より
    もっと小さかった頃の娘の姿と重ねたわけです)、懐かしくなるのは
    当然ですよね。

    モモちゃんも娘もほんの少し大きくなり、でも、日々経験することは
    格段に多くなったように思います。それも「おとぎ話の中のようなこと」
    ではなく「現実そのもの」。ぐんぐん成長していくんだね。

    掲載日:2012/03/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「モモちゃんとアカネちゃんの本(2)モモちゃんとプー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.85)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット