ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

あくたれラルフ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

あくたれラルフ 作:ジャック・ガントス
絵:ニコール・ルーベル
訳:石井 桃子
出版社:童話館出版
本体価格:\1,500+税
発行日:1994年
ISBN:9784924938267
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,255
みんなの声 総数 50
「あくたれラルフ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 家ってありがたい!と思ったはず

    いたずらしすぎてサーカスに放置されてしまったラルフ。
    サーカスで仕事をした後での貧しい食事。
    きっときっとセイラの家のことを思い出して自分がいかに幸せだったか
    実感していたはず。

    やっぱり、いたずらといってもやりすぎはいけませんね。

    さて、息子は・・・
    自分とラルフが多少重なるのか、気に入ったようで
    珍しく私に読んでくれました。
    やんちゃでしょっちゅうママやパパに怒られているお子さんにお薦めです。

    掲載日:2014/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラルフがいい顔してます

    何度読んでも、やっぱり楽しい絵本です。
    やりたい放題のラルフ。でも家族にとっても愛されているのです。
    いつもラルフのお世話をするセイラの「ときどきあんたをかわいいとおもえなくなるわ」というセリフには、いつも「わかるわー」と共感。確かに我が子でもかわいく思えないときがあるので(笑)
    子供たちも、「ラルフ、わるいねー」と言いながらもうれしそう。でもサーカスのみんなにいじめられる姿は一緒につらそうにします。みんなラルフになっちゃうんですね。
    ラストシーンも大好き。ラルフがいい顔してます。

    掲載日:2014/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • あくたれだけど

     外見と言い、実際にやることと言い、ラルフの「あくたれ」度合いは、相当のものです。こんなワルは見たことない! でも、「あくたれでも、セイラは、ラルフが すきでした。」・・・この一文にすべてが含まれているように思います。

     うちの犬も、ラルフほどではないけれど(!)かなりのあくたれです。「20ドル紙幣でも首に巻いて、外に置いて来ようか」と話し合ったくらい! それでも、やっぱり、この物語のはじまりに戻り、
    「あくたれねこの ラルフは、セイラのねこでした。あくたれでも、セイラは、ラルフがすきでした。」となるのです。

     安易な気持ちでペットを飼い始め、同じように些細な理由で処分してしまう人が非常に多い現実。セイラの一家のように、どんなあくたれでも、我が子同様、責任を持って、愛情をかけて育ててあげてほしい、と心から思いました。

    掲載日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  •  セイラという女の子の飼い猫、ラルフは、大のいたずら好き。
    ある日、セイラ一家がサーカスを見に行きます。しかし、ラルフは、サーカスの邪魔をして、台無しにしてしまいます。
     一家は、ラルフを置いて帰ります。
     ラルフは、サーカスでこき使われ、ついに逃げ出して、野良猫生活をおくります。そんなときに、セイラに見つけられて家に帰ります。
     もういたずらはしまいと心に誓いますが…。
     ラルフのいたずらぶりをわが子と重ね合わせ、やきもきさせられます。が、ここまで徹底していると、いいんじゃないと、思ってしまいます。
     サーカスでこき使われる姿は、少し可哀そうです。
    そして、家に帰った時は、こちらもホッとしてしまいます。
     手間のかかる子ほどかわいいという感じでしょうか。
     わが子のいたずらも、少し多めに見てあげようかな、という気持ちになれます。
     ラルフの表情が、とてもよく描かれているのも注目してほしいです。

    掲載日:2010/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハンパじゃない悪さ?

    目つきが悪い赤毛のネコ・ラルフ。
    飼い主の女の子にする悪さがハンパではないので
    「ちょっとやりすぎでは???」と読みながら引きぎみの私。
    でも子どもはこういうタイプの絵本を好きなんですよね。
    「こんどはどんな悪さをするのだろう」
    ページをめくるのにワクワク感さえ漂っているようです。
    そう!ラルフは子ども達自身そのものなんでしょうね。
    まさにネコの勝手気ままさが感じられるシュール感のある絵本ですね。

    掲載日:2009/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • あくたれは安心の裏返し

    あくたれ加減が他の絵本の追従を許さない。この悪面はひどすぎる。私なら憤怒で焼け焦げてしまいそう。
    そんなわけでお父さんに置きざりにされるラルフですが、ふと「あの家族の中でこそあくたれができる」と気付きます。
    すべてが温かく安心できるもので包まれているからこそのあくたれ。
    それが家族なんだなぁ〜とラルフは再認識。
    セイラの、それでもあなたが好きというメッセージは親の私が共感しました。
    そうそう、なにがあってもあなたのことが好きよ。
    誰だって子どもの事をそう思っていますよね。
    娘に安心して悪さしてもらえるような母親でありたいな。

    娘は、あまりのあくたれぶりに眉をひそめていましたが、セイラとの再会にホッとしたようで、嬉しそうに笑っていました。最後もケラケラ。
    非常に楽しい絵本だったようです。

    掲載日:2008/05/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あくたれラルフ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / いないいないばあ / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


ドイツで大人気!バニーが日本上陸

全ページためしよみ
年齢別絵本セット