だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ジョニーのかぞえうた」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

ジョニーのかぞえうた 作・絵:モーリス・センダック
訳:じんぐう てるお
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1986年
ISBN:9784572002860
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,665
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • やっぱり、ひとりがいちばんだあい!

    最近、2歳の息子がはまっているのが、『ちいさなちいさなえほんばこ』でセットになっている4冊。出てくる小さな男の子を、自分のことと思っているようです。絵を見ながら、ブツブツと一人で世界に入り込んでいます。
    その中のでもこの『ジョニーのかぞえうた』と『ピエールとライオン』がお気に入り。
    1(いち)にんまえのジョニーくん、ひとりぐらしをしていると、
    2(に)げこんできたこねずみがたなのうえにとびのって
    と、数え歌にあわせて、ジョニーの家にお客さんがやってきます。
    普通なら10で終わってしまいがちですが、これは違いました。今度はジョニーくん「よくきけみんな、これからぼくはかずをさかさにかぞえるぞ」と宣言し、お家から一人ずつ追い出します。そして最後には「やっぱり、ひとりがいちばんだあい!」
    リズムよく、何度も何度も繰り返して読みたくなる絵本。絵だけを追って行っても楽しめるので、字の読めない2歳の息子も、ひとりでページをめくって楽しんでいます。センダックの挿絵はスマートでおしゃれなので、大人が眺めても楽しいと思います。

    掲載日:2012/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 翻訳でこれはすごい!

    1から10の数え歌ですが、10から1に戻ってくるところがポイントです。数がきちんと数えられるようになったら、面白みがわかる絵本だと思います。

    2歳の息子は、「1、2、3、4、6、8」と数える?段階なので、まだこの絵本の本当の面白さはわからないようでしたが、動物がどんどん増えて、今度はどんどん減るのを楽しそうに聞いていました。

    最初のページでは殺風景な壁の白さが目立ちますが、10に満ちるころには紙面はいっぱいになります。絵だけ見ていても数の増減を感じることができる楽しい絵本だと思いました。

    翻訳でこんなにうまく文章にしている訳者はすごいです。

    掲載日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数え歌

    1から10までの数え歌になっています。

    次から次へとお客様が増えてお部屋いっぱいのお客様にジョニーのとっ

    た手段(?)に、感心しましたよ!

    リズミカルに軽快に読み進めます。

    数を逆さに数えてひとりばっちになって喜んでいるジョニーの気持ちも

    わかりますが、お客様が見えるのも嬉しかったと思いました。

    軽快に歌いながら数を数えていく楽しさがいっぱいの絵本です。

    掲載日:2010/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • よくぞ訳してくれました

    • 稲穂さん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳、女の子1歳

    1から10までの数え歌です。

    1から10まで数えた後、また1に戻るのがいいですね。

    子どもたちは最初、数え歌だと気がつかなかったため
    脈絡なくやってくる動物たちに目を白黒させていましたが
    どんどんいなくなる頃には大喜びでした。

    それにしても、これを訳すのは大変だっただろうなぁと思いました。

    掲載日:2009/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんどん増える!

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳

    数にかけた言葉遊びの本。
    最初は1人だった男の子の部屋。
    1ページめくるごとに、登場人物たちが「ねずみが・・ネコが・・」と、増えていき、10になったところでまた部屋を
    出て行きます。

    テンポよく歌うように読むと何故か2歳の息子は大喜び。
    早口で読んでみたり「いま、何匹居る?」といっしょに数えたり。

    ちょうど数に興味を持ち始めたころだったので、
    なおさらはまったのかもしれません。

    掲載日:2008/05/11

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ジョニーのかぞえうた」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット