ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻の試し読みができます!
作: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
全ページ立ち読みスタート! ばけくらべ対決はどうなるかな〜?

たまごのあかちゃん」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

たまごのあかちゃん 作:神沢 利子
絵:柳生 弦一郎
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1993年2月10日
ISBN:9784834011920
評価スコア 4.53
評価ランキング 5,134
みんなの声 総数 215
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 実は奥が深い!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子1歳

    2歳になったばかりの娘と読みました。

    1回、2回と読むと、なんてことのない普通の絵本な感じですが、
    3回、4回と読んで、この絵本のスゴさに気付きました。

    まず、「たまごのあかちゃん」という、題名。
    普通、たまごのあかちゃん。って、言わないですよね?

    たまごのあかちゃんってなんだ?と思います。
    それでも2歳の娘が、
    「たまごのあかちゃん読んでー!!」
    と言ってくるのを聞くと、

    あぁ、2歳児にはこのほうが、
    親しみやすくて、言いやすいんだ!と
    気付きます。

    そして、「たまごから赤ちゃんがうまれた」のではなくて、
    「たまごの中でかくれんぼしてる赤ちゃんがでてきた」
    という、この発想!

    「たまごがふ化する」という現象が、
    これまたとっても2歳児に理解しやすい表現に、
    置き換えられていて、脱帽です。

    ひよこや、かめ、へび、果てには恐竜の赤ちゃんが、
    タマゴから出てきます。

    2歳児だけど、どの動物が「たまご」から孵るのか、
    知らず知らずのうちに感覚として身につきそうです。

    因みに横で聞いていた6歳の兄、
    「えぇー!へびってたまごから出てくるの?!」とびっくり。

    かわいく分かりやすい絵本だけど、
    実はとっても真面目な自然科学の内容も含む超万能絵本です!

    掲載日:2013/06/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • リズミカルに読むとさらに楽しい

    たまごのなかに〜かくれんぼしてる あかちゃんはだーれ??

    この部分をリズミカルに読むと子どもはとっても喜んで次の

    でておいでー!!

    のセリフをとても元気に返してくれます。

    繰り返しの絵本は子どもの言葉を引き出してくれて一緒に楽しめるのでいいですね。
    何度も読み返すうちに次出てくる赤ちゃんはわかってきますが、そこがまた面白いところ。

    へびさんのあかちゃんのところではまだたまごから割れていない赤ちゃんを発見したり、また新たな楽しみもあります。

    鳴きまねや動きの模倣遊びも出来たりと遊びも広がる一冊です。

    掲載日:2016/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんのたまごかな?

    たまごのなかでかくれんぼしてるあかちゃんはだあれ?
    でておいでよ
    次のページをめくるとだれのあかちゃんか分かる
    これの繰り返し絵本です
    たまごの数が3、4、10、2、1
    とそれぞれ違うので、卵やでてきた動物の数を数えて
    数字のお勉強にもなります

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 繰り返しの中で・・・

    「たまごのなかでかくれんぼしているあかちゃんはだあれ?」という繰り返しの中でたくさんの動物が出てきます。何回も繰り返しの言葉が出てくるので覚えやすく、子どもも一緒に言っています!
    保育園や幼稚園の3歳くらいで劇遊びにもいいかなと思います。

    掲載日:2015/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものとも

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子5歳、男の子3歳

    こどものともの2歳児向けセレクションで定期便で購入しました。このシリーズの特徴として、繰り返しがありますが、色(背景)や大きさが違う卵が出てきて、ちょっとクイズ形式で楽しめます。うちでは息子が、裏表紙のたまご(白い背景に黒の線で丸が書いてあるだけ)を床に置いてその上に座り込んで「う〜ん」と産んだり、乗っかって温めたりしています。その姿が面白いので、この本好きです。

    掲載日:2014/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • なにがうまれるかな♪

    表紙にはおおきなたまごの絵が!!
    なんだかそれを見ただけで、わくわくしてきました♪
    最近たまごを割るおてつだいができるようになった娘。
    たまごのなかみにとっても興味を持つようになって
    きました!!
    この絵本は、そんな娘にぴったりの絵本でした!
    ひよこ、かめ、へび、そして、恐竜・・・。
    どれも味のある絵で、かわいいんです♪
    ばっちりはまってくれました!!

    掲載日:2013/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • この絵本を読んで、初めて『たまご』という言葉を知った我が子。
    それから卵を見かけるたびに『だまこ』と連呼しています。
    ちょうど妹が生まれた後に与えた絵本でしたので、卵から色々な赤ちゃんが出てくるのが興味深かったようです。
    ただ初めて読んだ時、リズムの良さ故に歌うように読んでしまいました。
    それを気に入ったようで、歌うように読まないとすぐに『おしまーい』と終わらせてしまいます。

    掲載日:2013/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「でておいでよー」

    • ぴいママさん
    • 20代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子2歳、女の子0歳

    たまごとあかちゃんが大好きな次男に読んであげました。
    いろんな動物が「でておいでよ」の呼びかけで出てきます。柳生さんの独特の絵で描かれた動物達は愛嬌たっぷりです。
    どの動物にも擬音や泣き声がありますので、子供も親しみやすい絵本だと思います。

    掲載日:2013/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • かめが一匹いないよ!

    息子が2歳になる頃から読んでいます。
    それまで、たまごといえば にわとりのたまごしか知らなかった息子ですが
    いろんなたまごがあることを知った絵本です。

    たたくとぽん が大好きだったので、この絵本も「ぽんぽん」と叩きながら読んでいます。

    3歳になった今では、かめが一匹いないよ〜。と絵本の細部や
    たまごからでてきた赤ちゃんの跡を辿ったり、
    成長した今でも楽しめる絵本です。

    掲載日:2011/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    2歳の娘と読みました。たまごの中からひよこやきょうりゅうが出てきます。赤、青、黄色がドーンと使われていてとてもカラフルな絵が印象的でした。きょうりゅうはなかなか絵本で登場しないので出て来て良かったです。

    掲載日:2011/09/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「たまごのあかちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ねないこ だれだ / だるまさんが / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おおきなかぶ / いないいないばああそび

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


「にじいろのさかな」シリーズ <br>編集者インタビュー

みんなの声(215人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット