おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

はがぬけたよ」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

はがぬけたよ 作:安江 リエ
絵:山口 マオ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:2002年
評価スコア 3.92
評価ランキング 28,582
みんなの声 総数 12
「はがぬけたよ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 恐怖の象徴

    今ちょうど息子の歯が生え変わろうとしています。初めての歯で、息子自身が異常に気付いた日、体の調子を心配したほどよそよそしく、普段にはないくらい良い子でした。不安で堪らなかったのでしょう。「大丈夫、痛くもないし勝手に抜けるから触らないの。」と話した後日、この絵本を読んでびっくり!ぐらぐらの歯に糸を結んで引っ張ろうとしている?!大人でも逃げ出したくなるような拷問で、息子は口をぎゅっとつむって、怖いのを我慢して聞き入っていました。結末は結果オーライで、息子も自分のことのようにホッとした様子でしたが、糸で引っ張る行為は一般的なのでしょうか?作者の実体験、あるいは幼い時の恐怖がドアのライオンに象徴されているのでしょうか?
    幼い頃、西洋の匂いを醸し出すドアのライオンを見ると、それはすぐにお化け屋敷と直結して、怖かったようなあいまいな記憶が甦ってきました。こどもの無限の空想力によって、恐怖心が生み出した怪物があのライオンなのかなと想像しました。
    ともあれ、みな通って行く道だよと説明するより、絵本で読み聞かせた方が早くて効果があったのは確かですね。大丈夫なんだとわかってくれて、今まで以上に積極的に歯磨きしてくれるといいんだけどな。
    最後に嫁さんがポツリと一言。「途中に出てきたワニはすごく上手かったね、もの凄くワニが好きな人なんだろうね。」我が家はこの作品に「わにわに」シリーズの原点を見たような気がしました。

    掲載日:2009/07/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はがぬけたよ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(12人)

絵本の評価(3.92)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット