だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

おもち一つでだんまりくらべ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

おもち一つでだんまりくらべ 作:大川 悦生
絵:二俣 英五郎
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\980+税
発行日:1984年10月
ISBN:9784591016732
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,442
みんなの声 総数 10
「おもち一つでだんまりくらべ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絶版って、ほんとうですか

    7つあったおもちを、おじいさんとおばあさんが1つずつたべていきます。

    1年生の3学期に読み聞かせをしましたから、
    「あといくつ」の問いかけに元気な声が返ってきます。
    最初から、1つ余って取り合いになることは予想がつくのでしょう。
    ニヤニヤしている子、「そっか、だんまりくらべするんだ。」なんてひそひそ声も聞こえてきます。

    おじいさんとおばあさんがだんまりくらべを始めた時に、どちらが
    先に喋っちゃうと思うか聞いてみると、俄然おじいさんが多いのです。
    確かに、この年齢、男の子のほうがお喋りです。
    先生に注意されるのもほとんど男の子。
    なるほどな〜と、変なところで感心しながら読み進めます。

    ねずみが登場して、泥棒が登場する頃には、みんな息を詰めて絵本に集中しています。
    決着がついた時には、「ふ〜っ。」と息を吐き出す音まで。

    こんなに読み聞かせに向いている本はないと思うのですが、絶版と聞きました。残念です。

    掲載日:2010/04/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おもち一つでだんまりくらべ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / はじめてのおつかい / こんとあき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / きんぎょがにげた / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット