貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おばけの地下室たんけん」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

おばけの地下室たんけん 作・絵:ジャック・デュケノワ
訳:大澤 晶
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1999年01月
ISBN:9784593503902
評価スコア 4.31
評価ランキング 14,252
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • な〜んだ

    地下から怪しい物音が聞こえてきたときには、うちに子も一緒に怖がってて、指の間から本を見ていたのがかわいかったです。結局、その奇妙な物音の正体は、グリグリおばさんというお化けでした。うちの子も、ホッとしていました。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • グリグリおばちゃんって何者だ??

    娘が同じシリーズの「おばけのパーティ」が大好きなので、
    図書館でかりてきましたが・・、
    どすんどすんどすん!という音の正体だった
    グリグリおばちゃんって何もんなんでしょう??
    なんかちょっと唐突というか・・。
    「おばけパーティ」のシンプルさと比べると、
    少しわかりづらいような・・・。

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • どすん!どすん!どすん!

    お化けにも怖いものがある、というのがおかしい。
    おばけたちが肝試しをしてるようなお話でした。
    グリグリおばちゃんがメインのおはなしもあるのかしら?
    もしもあるのだとしたら読んでみたいです、面白そう。
    そして、こんなおばちゃんになりたいなあ、なんて思うのでした。

    掲載日:2008/04/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おばけの地下室たんけん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「学校がもっと好きになる絵本」シリーズ刊行記念 くすのきしげのりさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット